腰痛
腰痛シリーズ

腰に負担がかかるのはどの姿勢

こんにちは。アールスプリング、理学療法士の近藤です。

今回は、お客様からご質問の多い、腰痛の原因となる不良姿勢についてお伝えします。

【マッサージができる理学療法士の視点】

日常生活の何気ない姿勢の変化で、腰部にかかる負担がどのように違うか?

腰にかかる負担は正しい姿勢と比べると、体幹が前屈するほど腰(下部腰椎)にかかる負担は増えます。

これは前方にかかる重量を、腰部の脊柱起立筋で保持する力が増え、椎間板に荷重がかかるためです。

腰痛

データでは、第3〜第4腰椎の内圧変化を見たときに、

立位を100%とすると、

立位100%

背臥位は25%なのに、

立位で体幹が前傾した姿勢では150%、

座位で体幹が前傾した姿勢では185%、

背臥位から起き上がるときには実に210%とされています。

いかに体幹の前傾姿勢が、腰に負担をかけているかわかりますよね。

ちなみに立位の100%に対して、座位は通常でも140%の負荷がかかっています。

ということは、長時間のデスクワークで座りっぱなしの方が、立位よりも負担がかかっているといえます。

気がつかないうちに腰に負担が溜まり、痛みに発展するパターンですね。

次回は、腰に負担のかからない姿勢のポイントついてお伝えします。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中