ストレス
ストレス

ストレス

こんにちは。アールスプリング理学療法士の近藤です。

緊急事態宣言による自粛期間中の約2ヶ月間、今まで普通にできていたことができなかったり、環境の変化による新たなストレスによって、心身ともに影響が出た人も多いのではないでしょうか? 今後も見通しの不透明な状況で、何らかのストレスは継続していくのかもしれませんね…。

そこで、今回からしばらく「ストレス」についてお伝えしたいと思います。

ストレスの定義

「ストレス」とは心や身体にかかる外部からの刺激で「ストレッサー」とも呼ばれ、それに対応しようとする心や身体に生じる様々な反応を「ストレス反応」といいます。

ストレッサーには

  • 気温や音などの「物理的ストレッサー」
  • 薬物や有毒物質などの「科学的ストレッサー」
  • 人間関係や仕事や家庭上の問題などの「心理・社会的ストレッサー」

があります。 一般的にストレスと言われるものの多くは「心理・社会的ストレッサー」のことをいいます。

労働者健康状況調査によると、仕事でストレスを感じている労働者の割合は約6割。 年代別に見てみると30代、40代の働き盛りが多く、この傾向は男女ともに共通しています。 ストレスの内容を具体的に見ると人間関係が最も多く、仕事の質、量の順に続きます。 男女別では、男性では人間関係、仕事の質・量、会社の将来性や昇進昇給の問題の順、女性では人間関係の割合がほとんどで、仕事の質・量と続きます。

ストレス

ストレッサーによるストレス反応は、イライラや抑うつなどの心理面、頭痛や肩こりなどの身体面、酒やタバコの量の増加などの行動面に大きく分かれます。 根本的な原因を解決するには専門家(精神科、心療内科)への相談をお勧めします。

当店でも、慢性的なストレスに効果的な、自律神経系にアプローチする「背中整体」を実施しています。 ストレスからくる頭痛、首肩周りのこわばり、睡眠不足に効果的な施術をしておりますので、ストレスが気になる方はぜひ一度お試しください。

次回はストレッサーによって引き起こされる病(やまい)についてお伝えします。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中