ステージ2・骨盤の伸ばした筋肉を動かす

骨盤美人のシルバーロード

くびれを作る

ストレッチ動画

このストレッチ動画では、アールスプリング店長の近藤先生が丁寧に説明しながら反り腰対策の最初のセット「骨盤美人のシルクロード:くびれを作る」ステージ2として「骨盤の伸ばした筋肉を動かすストレッチ」の実演をご覧いただけます。ぜひ参考にして、ご自分のストレッチ効果を実感してください。

反り腰対策で、なぜ骨盤から始めるのか?くびれができるの?

上半身のものを下半身にチカラを伝える場合、骨盤が中継点になっています。

 骨盤はカラダの中心にあります。そして、神経や動脈や静脈、また大切な臓器も骨盤で守られています。上半身のものを下半身にチカラを伝える場合、骨盤が中継点になっています。手技でも骨盤矯正という手技がある位、大切な場所だからです。

 反り腰対策のため、骨盤の筋肉を伸ばし・動かすことにより、腰をまっすぐに矯正していくと、周辺の筋肉を使うようになるので、自然とくびれができてきます。

このストレッチで動かす筋肉:腸腰筋

腸腰筋を動かす

 反り腰は、「腸腰筋」が固く縮まっているために腰を反らせてバランスをとってしまう姿勢です。

 腸腰筋を動かし、伸び縮みすることで本来の役割をします。この伸び縮みによって、血行も良くなり、筋膜やお肌にも変化をもたらせます。

ストレッチのポイント:体を左右に傾かない

腸腰筋を動かす

 体が左右に傾かない。背中を曲げない。足は90°上げて、膝は正面に向ける。

 足が地面に着いている方を壁側にして行なうとよいでしょう。

ストレッチの理想的は10回✖左右3回ずつ

 10回を左右3セットずつから始めてください。余裕があれば、足を90°曲げた時に7秒間キープするとより効果的

 お勧めは寝る前。時間に余裕があるときには起きた後も行いましょう。

コメント入力のお願い

動画をご覧になったご感想・ご意見、またはアンケートのご協力をお願いいたします。ご協力いただいたお客様には、「骨盤美人のシルバーロード」を順調にコンプリートするためのささやかなプレゼントをご用意いたします。