寒い時期の飲み過ぎ注意
脳卒中

脳卒中とは

アールスプリング、理学療法士の近藤です。

寒さで脳の病気の発生率が高くなることから、前回は「脳血管障害」についてお伝えしました。
今回は脳血管障害の1つである「脳卒中」についてです。

寒い時期の飲み過ぎ注意

脳卒中は脳血管障害と同義語で扱われることがあり、脳の血管が詰まったり破裂することで、突然、神経症状が発現する状態をいいます。

脳卒中には、脳血管の閉塞や狭窄などによる虚血性と、脳血管の破裂による出血性があります。

虚血性は「脳梗塞」と言われ、脳の動脈が血栓などによって詰まり、血行が途絶します。

出血性は脳の細い動脈が破裂し、脳内に出血する「脳出血」と、脳動脈瘤の破裂などでクモ膜下腔に出血する「クモ膜下出血」があります。

脳卒中は、がんなどの悪性新生物や、心筋梗塞などの心疾患に次いで死亡率の高い病気です。

脳卒中の中でも、現代では食生活の欧米化などにより、脳梗塞の危険因子である糖尿病や脂質異常症などが増加しており、脳梗塞の割合が高くなっています。

脳卒中になりやすい人は、高血圧、糖尿病、脂質異常症、心房細動などの基礎疾患があること。
また、喫煙、大量飲酒、肥満、運動不足などの生活習慣があることが危険要因になっています。

こうならないよう、日頃からご自身の体のメンテナンスが大切ですね。

当店では、今月〜2月末まで、このような脳の障害を予防する「脳整体(10分1650円)」を実施しています。

頭と首まわりの血流を改善させる効果がありますので、頭の頭重感や頭痛が気になる方は、ぜひお試しください。

ネット予約が7日先まで申し込み可能です!

ネットで仮予約を下のボタンより承っております。仮予約受付が完了するとメールが自動的に届きます。予約確定次第、内容をメールでお送りいたします。

予約方法はこちらを参照ください。

脳卒中(脳血管障害)④

こんにちは😀店長の近藤です。
ダブル台風が来ている影響か、今朝の空を見ても海側にどんよりした雲がありました。今晩あたりから天気が崩れそうですね・・・。

今回は脳出血の二回目で「脳幹出血」についてです。
なぜコレを脳出血の最初にしたかというと、脳幹部の障害であるため最も重症で予後が悪いからです。
高血圧の人に好発し脳幹の橋(きょう)という部分に出血します。
突然の意識障害、呼吸障害、四肢麻痺、全身の硬直が見られます。
橋は生命維持を司っている場所なので、経過は迅速に進み中心部橋出血だと数時間〜数日で死亡します。
部分的橋出血だと片麻痺・感覚障害は出ますが予後は比較的良好です。
この橋という場所は生命維持に大事な場所なので、手術ができないのが特徴です。
出血場所によって症状が異なる脳出血。
次回は、脳出血の中で最も発症率の高い「被殻出血」についてお伝えします。
日頃の生活習慣を見直し、高血圧を予防しましょう!