研さんの相談室

お尻の筋肉(梨状筋)の簡単な伸ばし方は?

こんにちは。アールスプリング、理学療法士の近藤です。

先日、長時間のデスクワークで腰から臀部が痛くなり、時々、足にかけて軽い痺れが出る、というお客様からご質問をいただきました。

長時間のデスクワークで、臀部は常に圧迫され続けています。

このお客様の場合、臀部の深層筋である梨状筋(りじょうきん)をストレッチすることで、効果が出ました。

梨状筋

梨状筋の前には坐骨神経が走っており、ココがこわばり続けることで神経を圧迫します。

デスクワークの方は、日ごろから硬くならないように気をつけたい部位ですね。

では今から梨状筋のストレッチをご紹介します。

やり方
①椅子に浅く腰掛けます。
②伸ばしたい側の足のくるぶしを、反対側の足に乗せます。
③軽く状態を前に倒します(この時に、お尻の伸ばされ感を感じてください)。
④この姿勢を10〜20秒間、左右交互に繰り返します。
(注)痛みがひどい時は、無理をしないでください。

このブログをご覧になった方は、椅子でできる簡単なやり方ですので、ぜひ仕事の合間に試してみてください。

ハムストリングストレッチ
疲労と痛み

腰に負担のかかる座位姿勢の修正エクササイズ〜②の別法〜

こんにちは。アールスプリング、理学療法士の近藤です。

お客様から悩みの多い腰痛。

今回は、前回お伝えしたハムストリングストレッチの別法!、をご紹介します。

なぜこれをやるのか?、といいますと、お客様から前回のストレッチ(長座位で足のつま先を持つやり方)をやったら、ふくらはぎや足裏に痺れが出た!、というご意見をいただいたためです。

この部位にしびれが出るというのことは、第4腰椎〜第1仙椎にかけて日頃からストレスがかかっていることが推測されます。

では今から、そのような痺れが出にくいストレッチ(別法)をご紹介します。

ハムストリングストレッチ
 

①ベッドや椅子に浅く腰掛けます。
②この際、腰が丸くならないよう、骨盤を立てます。
③膝が曲がらないよう注意しながら、伸ばしたい側のつま先を上げます。

これを7〜10秒繰り返し行ってみてください。

※ただしこの姿勢でも、しびれや強い痛みが生じる場合は控えてください。

次回はよくあるこの不良姿勢を修正するエクササイズ③についてお伝えします。

ネット予約が7日先まで申し込み可能です!

ネットで仮予約を下のボタンより承っております。仮予約受付が完了するとメールが自動的に届きます。予約確定次第、内容をメールでお送りいたします。

予約方法はこちらを参照ください。

腰痛に効くストレッチ
腰痛シリーズ

腰痛に効果的なストレッチとは? ④

こんにちは。アールスプリング、理学療法士の近藤です。

朝晩と日中の寒暖差が大きいこの時期、体の不調を訴えるお客様が多いです。

その中でも、特に多いのが「腰痛」。

今回、腰痛に効果的で、かつ、むくみ予防に効果的なストレッチをご紹介します。

それは第二の心臓とも呼ばれる「ふくらはぎ」のストレッチ。

腰からは離れていますが筋膜でつながっており、腰痛の方はここが硬く縮こまっていることが多いです。

ふくらはぎの後面で浅いところに位置する腓腹筋と、その奥にあるヒラメ筋で構成されています。

ココを伸ばすには、壁に寄り掛かって踵を後ろに下げるストレッチが簡単です(画像参照)。

腰痛に効くストレッチ

足を前後に開き、両足のかかとをつけたまま壁に寄りかかり、片足ずつ踵を後ろに下げながら7秒間、左右交互に5セット伸ばしてください。

徐々にふくらはぎの柔軟性が感じられますよ。

当店では慢性腰痛のお客様に、疲労が痛みに変わる前のメンテナンスをお勧めしています。

次回からは、肩こりに効果的なストレッチをご紹介します。