ハムストリングストレッチ
疲労と痛み

腰に負担のかかる座位姿勢の修正エクササイズ〜②の別法〜

こんにちは。アールスプリング、理学療法士の近藤です。

お客様から悩みの多い腰痛。

今回は、前回お伝えしたハムストリングストレッチの別法!、をご紹介します。

なぜこれをやるのか?、といいますと、お客様から前回のストレッチ(長座位で足のつま先を持つやり方)をやったら、ふくらはぎや足裏に痺れが出た!、というご意見をいただいたためです。

この部位にしびれが出るというのことは、第4腰椎〜第1仙椎にかけて日頃からストレスがかかっていることが推測されます。

では今から、そのような痺れが出にくいストレッチ(別法)をご紹介します。

ハムストリングストレッチ
 

①ベッドや椅子に浅く腰掛けます。
②この際、腰が丸くならないよう、骨盤を立てます。
③膝が曲がらないよう注意しながら、伸ばしたい側のつま先を上げます。

これを7〜10秒繰り返し行ってみてください。

※ただしこの姿勢でも、しびれや強い痛みが生じる場合は控えてください。

次回はよくあるこの不良姿勢を修正するエクササイズ③についてお伝えします。

ネット予約が7日先まで申し込み可能です!

ネットで仮予約を下のボタンより承っております。仮予約受付が完了するとメールが自動的に届きます。予約確定次第、内容をメールでお送りいたします。

予約方法はこちらを参照ください。

ハムストリングのストレッチ
疲労と痛み

腰に負担のかかる座位姿勢の修正エクササイズ②

こんにちは。アールスプリング、理学療法士の近藤です。

お客様から悩みの多い腰痛。

今回は前回に引き続き、座位での不良姿勢への修正エクササイズ(2回目)をお伝えします。

今回はハムストリングストレッチ!

座位での不良姿勢時はもちろん、不良姿勢でなくとも長時間座っていると常に圧迫され続け、こわばりやすくなる部分です。

ここがこわばりすぎると、骨盤を正常な位置から後方に引っ張り、腰痛の原因になります。

では、ハムストリングのストレッチの一例をご紹介します。

ハムストリングのストレッチ

長座で、伸ばしたい方の足のつま先を持ち、手前に引きます。

ハムストリングのストレッチ

身体が固すぎて足のつま先が持てない方は、タオルを使用して手前に引っ張ってください。

これを片足ずつ7〜10秒間、左右交互に繰り返し行ってください。

注意点は↓
①伸ばす時に息を止めない。
②膝が曲がらない
ことです。

これを気持ち良い程度に、繰り返し行ってみてください。

※ただしこの姿勢をとることで、しびれや強い痛みが生じる場合は控えてください。

次回もよくあるこの不良姿勢を修正するエクササイズ③についてお伝えします。

ネット予約が7日先まで申し込み可能です!

ネットで仮予約を下のボタンより承っております。仮予約受付が完了するとメールが自動的に届きます。予約確定次第、内容をメールでお送りいたします。

予約方法はこちらを参照ください。