承筋
腰痛シリーズ

ぎっくり腰に効く、ふくらはぎのツボとは?

こんにちは。アールスプリング、理学療法士の近藤です。

夏から秋への季節の変わり目。秋雨前線が日本列島にあり、その影響で体の不調を訴えるお客様が来店されています。

こんな時は古傷が疼きやすく、そこを起点として周りの筋肉もこわばります。

ぎっくり腰は一度やると癖になり、このような季節の変わり目は特に要注意です。

そこで、前回に引き続き、ぎっくり腰に効果的なふくらはぎのツボをお伝えします。

名前は「承筋(しょうきん)」。

ふくらはぎの中心線上にあり、膝ウラとかかとのちょうど真ん中あたりに位置します。

ココを親指を重ね合わせて押します。
3秒間を左右5セット行なってみてください。

ぎっくり腰の他に、こむら返りにも効果的です。

承筋

当店では、今月のキャンペーンとして「腰整体(10分1650円)」を実施しています。

腰痛の出方に合わせた効果的な施術をしておりますので、お客様から高評価です。

ぜひ、この機会にお試しください。

ネット予約が7日先まで申し込み可能です!

ネットで仮予約を下のボタンより承っております。仮予約受付が完了するとメールが自動的に届きます。予約確定次第、内容をメールでお送りいたします。

予約方法はこちらを参照ください。

いっちゅう
腰痛シリーズ

ぎっくり腰(急性腰痛)に効果的なツボとは?

こんにちは。アールスプリング、理学療法士の近藤です。

夜、蝉からこおろぎの鳴き声に変わり、秋の気配を感じるようになりました。
暑かった夏も、ようやく終わりを迎えようとしています。

この季節の変わり目に夏の疲れが出やすく、当店にも腰痛を訴えるお客様が増えています。
中にはぎっくり腰気味の方も…。

前回まで腰痛に効果的なツボご紹介しましたが、今回からは腰痛の中でも重症の「ぎっくり腰(急性腰痛)」の特効ツボについてお伝えします。

ぎっくり腰になってしまったら患部を刺激するのは控えて、腰と関連のある周りの部位をほぐすのが効果的です。

今回ご紹介するのは「委中(いちゅう)」というツボ。

ここは膝の裏側にあり、足を伸ばした時に見えるシワの中心部分です。

ぎっくり腰のほかに、膝痛の特攻ツボとしても知られています。

足を横に少し傾け、1回3秒左右交互に5セット、親指を使って押してみてください。

ぎっくり腰と関連のあるこわばった筋肉がほぐれて、楽になります。

いっちゅう

当店では今月から慢性腰痛のお客様に効果的な「腰整体(10分1650円)」を実施しています。
始まって2週間ですが、腰痛のお客様にご好評いただいております。
気になる方はお試しください。

ネット予約が7日先まで申し込み可能です!

ネットで仮予約を下のボタンより承っております。仮予約受付が完了するとメールが自動的に届きます。予約確定次第、内容をメールでお送りいたします。

予約方法はこちらを参照ください。

かんちょう
腰痛シリーズ

腰痛に効くお尻のツボとは?

こんにちは。アールスプリング理学療法士の近藤です。

季節の変わり目で、夏の疲れが出やすい時期です。
そのせいか、当店では腰痛のお客様が増えています。

今月、当ブログでは自宅でできる腰痛のセルフケア「腰痛に効果的なツボ押し」をご紹介していますが、今回はお尻にある大事なツボをお伝えします。

名前は「環跳(かんちょう)」。
場所はお尻のやや外側で、力を入れるとえくぼ(凹み)ができるところです。

かんちょう

腰痛のほか股関節痛、膝痛、頭痛にも効果があるといわれています。

指で押そうとしても力が入りづらいところなので、テニスボールやゴルフボールを床に置き、ボールの上にツボが当たるように仰向けになり、膝を立てて体重をかけてみてください。

10秒間を3〜5セット行ってください。

お尻の筋肉の緊張がほぐれるのが感じられます。

当店では今月「腰整体(10分1650円)」を実施しています。

まだ始まって10日ですが、慢性腰痛の方からご好評をいただいております。

皆さんも、ぜひこの機会にお試しください。

ネット予約が7日先まで申し込み可能です!

ネットで仮予約を下のボタンより承っております。仮予約受付が完了するとメールが自動的に届きます。予約確定次第、内容をメールでお送りいたします。

予約方法はこちらを参照ください。

腰腿点
腰痛シリーズ

腰から離れているのに、腰痛に効くツボとは?

こんにちは。アールスプリング、理学療法士の近藤です。

日中の暑さも少しずつ和らぎ、朝晩の風が涼しく感じるようになりました。
ようやく過ごしやすい季節の到来ですね。

今回は腰痛に効く「手のツボ」をご紹介します。
ツボの名前は「腰腿点(ようたいてん)」。
手の甲にあるのに、「腰」という名前がついており、腰痛と関わりがあります。

場所は2カ所。

1つは人差し指と中指の間。
もう一つは薬指と小指の間。
それぞれの骨が交わる部分で、指の間を手でなぞり、止まる部分です。

腰腿点

ここをそれぞれ10秒間、3〜5回押してみてください。

腰が動かしやすくなる、といわれています。

手にあるツボなので、デスクワークの途中でも押しやすいですね。

当店では今月から腰痛に効果的な「腰整体(10分1650円)」を実施しています。

慢性的な腰痛の方にオススメですので、ぜひお試しください。

ネット予約が7日先まで申し込み可能です!

ネットで仮予約を下のボタンより承っております。仮予約受付が完了するとメールが自動的に届きます。予約確定次第、内容をメールでお送りいたします。

予約方法はこちらを参照ください。

ツボ押し棒
腰痛シリーズ

腰痛に効果的なツボとは? ①

こんにちは。アールスプリング理学療法士の近藤です。

日中はまだまだ暑いですが、朝晩は涼しく感じるようになりましたね。
当店には、この季節の変わり目に腰痛を訴えるお客様が増えています。
前回のブログでもお伝えしましたが、活動量(運動)不足の影響が大きいようです。

という訳で、今回から腰痛に効果的な自宅でできる簡単なメンテナンス(ツボ押し)をご紹介します。

第1回目のツボは「腎兪(じんゆ)」。
ここはウエストライン上にあり、背骨から指2つ分外側で左右にあります。

息を吸って、吐きながら左右一緒に親指で7秒間押します。
これを最低3回✖️5〜7セット繰り返しましょう。

腰痛が軽度の方は、ゴルフボールで刺激するのも効果的です。

当店では今月から「腰整体(10分1650円)」を実施しています。
問診や触診からお客様の腰痛の原因を探し、それに応じた施術をおこないますので、この機会にぜひお試しください。

ネット予約が7日先まで申し込み可能です!

ネットで仮予約を下のボタンより承っております。仮予約受付が完了するとメールが自動的に届きます。予約確定次第、内容をメールでお送りいたします。

予約方法はこちらを参照ください。

腰痛
腰痛シリーズ

腰痛になる原因とは?

こんにちは。アールスプリング理学療法士の近藤です。

新型コロナウィルスによる活動自粛や生活スタイルの変化の影響で、ここ最近、腰痛のお客様が多くいらっしゃいます。

お話を伺うと、
①通勤も含めて体を動かさなくなった。
②テレワークでずっと家にいるのでストレスが溜まる。
という声をよく聞きます。

もともと人間の体は、腰痛がおきやすいつくりをしています。

人間の脊椎(背骨)は、横から見ると緩やかなS字カーブを描いてバランスを取っています。

腰痛

しかし、デスクワークで頭が前に出て、背中から腰が丸まった姿勢(いわゆる不良姿勢)が続くと、このS字カーブが崩れてしまい腰椎に大きな負担がかかり、その結果腰痛を引き起こします。

また、腰椎は身体の曲げ伸ばしや回したりと可動域が大きく、故障がおきやすい場所です。

腰痛の原因のほとんどが、非特異的腰痛といわれる病院での画像検査で原因が特定できないもので、下記のことが複合的に影響していると考えられています。
①不良姿勢
座っている時は姿勢が崩れやすく、長時間座ることで腰にかかる負担が大きくなります。
②同じ動作の繰り返し
腰に負担のかかる荷物の持ち運びや、長時間同じ姿勢でいることで筋肉がこわばり、関節の動きが悪くなります。
③ストレス
肩こり同様、精神的なストレスがかかると無意識のうちに筋肉が緊張し、腰への負担も高まります。

以上のような非特異的腰痛でおさまっているうちは良いのですが、これを放置しておくと特異的腰痛といわれる腰椎椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症などの重症に発展します。

そうならないように日頃から体操やストレッチ、適度な運動などのメンテナンスが必要です。

腰痛

当店では、今月から慢性腰痛に効果的な「腰整体(10分1650円)」を実施します。

セルフケア不足の方の腰痛予防のお手伝いをさせていただきますので、この機会にお試しください。

ネット予約が7日先まで申し込み可能です!

ネットで仮予約を下のボタンより承っております。仮予約受付が完了するとメールが自動的に届きます。予約確定次第、内容をメールでお送りいたします。

予約方法はこちらを参照ください。

腰痛シリーズ

運動習慣がなく、長期間痛みやしびれで日常生活に支障が出ている腰痛にお勧め

こんにちは。アールスプリング「ほぐしコンシェルジュ担当」理学療法士の近藤です。

外出自粛要請での活動量不足により、腰痛のお客様が増えてきました。それもギックリ腰手前の症状が多いです。腰痛が重症化するとご自身だけでなく、家族や職場の同僚など周りの人への影響が出てきます。特に長期化するとなおさらですよね。

今回はそのような人向けの「ほぐしコンシェルジュ「プレミアムコース」のご紹介です。

プレミアムコース値段

このコースは、整形外科などの病院通いはしていないが、腰痛の原因が複数(姿勢や内臓など)あこのコースは、運動やストレッチなどをする習慣がなく、長期間にわたり疼痛の他にしびれが出ていて日常生活に支障が出ている「重度の腰痛レベル」向きです。

期間は四ヶ月で、16回の施術とセルフケアのストレッチ、トレーニングの他に「動画での姿勢や歩行チェック」が加わります。現在の痛みを誘発しているご自身では気づかない不良姿勢を動画でチェック頂き、痛みの出にくい正しい姿勢を身体で覚えながら改善していくことが目的です。 詳細はHPの「ほぐしコンシェルジュコース」をご覧ください。

https://hogushiconcierge.wordpress.com/

次回は「プ

今回まで紹介した慢性腰痛改善「ほぐしコンシェルジュコース」の第1期予約受付を明日(4月20日)〜5月10日まで行いますので、お問い合わせはお電話でお願いします。

腰痛シリーズ

整形外科などの病院通いはしていないが、ストレッチをしてもなかなか改善されない腰痛にお勧め

こんにちは。アールスプリング「ほぐしコンシェルジュ担当」理学療法士の近藤です。

東京都のコロナウィルス感染者がとうとう200名を超えてしまいました。感染者がこのまま増え続けると、医療崩壊が現実的になりそうです。一緒に勉強した理学療法士の仲間も、マスク不足や日常生活での行動制限を強いられながら病院で戦っています。同じ医療人として、今後も私ができること(お客様の免疫力を上げて感染予防すること)に邁進していきます。 4月20日(月)から予約受付が始まる慢性腰痛改善の「ほぐしコンシェルジュコース」。

今回は二つ目の「スタンダードコース」のご紹介です。

このコースは、整形外科などの病院通いはしていないが、腰痛の原因が複数(姿勢や内臓など)あり、ストレッチをしてもなかなか改善されない「中度の腰痛レベル」向きです。 期間は二ヶ月で、7回の施術とセルフケアのストレッチ、そしてベーシックにはない「トレーニング」が加わり、セルフケアでは改善しにくい身体の弱点を補いながら腰痛の出にくい姿勢にすることが目的です。 詳細はHPの「ほぐしコンシェルジュコース」をご覧ください。

https://hogushiconcierge.wordpress.com/

次回は「プライムコース」についてお伝えします。

腰痛シリーズ

一時的で運動やストレッチをすればある程度改善できる腰痛にお勧め

こんにちは。アールスプリング「ほぐしコンシェルジュ担当」理学療法士の近藤です。

このところ、「ステイホーム疲れ」のお客様が来店されるようになりました。具体的には、身体を動かさなくなったことでの「ギックリ腰」に近い症状です。 先が見えない「コロナウィルス」。長期戦に備えて、お身体のメンテナンスも大切ですよね。

4月20日(月)から予約受付が始まる「ほぐしコンシェルジュコース」には3つのコースがあります。今回はその一つである「ベーシックコース」のご紹介です。

ほぐしコンシェルジュ。ベーシックコース値段

このコースは、腰痛は一時的で運動やストレッチをすればある程度改善できる「軽症レベル」向きです。 期間は一ヶ月で、4回の施術とセルフケアのストレッチで腰痛の出にくい状態にし、今後も腰痛が出た時に自己回復できるようになることが目的です。 詳細は「ほぐしコンシェルジュ」専用サイトをご覧ください。

https://hogushiconcierge.wordpress.com/

次回は「スタンダードコース」についてお伝えします。

腰痛シリーズ

腰痛シリーズ〜第6回〜 「不安定型腰痛への対策」

こんにちは。アールスプリング「ほぐしコンシェルジュ担当」理学療法士の近藤です。

今、ツイッターで「疲」「ストレス」というキーワードを含む投稿が増えているそうです。環境が変わったことによる精神的要因によることが多いようですね。腰痛は姿勢や運動不足などの肉体的原因だけでなく、ストレスなどの精神的原因から生じることもあります。

今回は、今まで紹介した原因のわかる腰痛パターンではなく、ハッキリした理由がわからない「不安定型腰痛」についてご紹介します。

不安定型とは…

腰痛になるパターンが決まっていない症状。
(例)夜間痛(寝返りしようとした時に痛い)。無理して普段しない動きをした時に痛い。

今回はストレスを感じた時に固まりやすい僧帽筋のストレッチをご紹介します。

僧帽筋のストレッチ

僧帽筋は後頭骨と背中の脊柱から肩背部をとおり、肩関節に向けてついている筋肉です。日時生活では机上での書字やパソコンのマウス操作で使われます。また、ストレスが溜まった時も無意識のうちに緊張します。

ここのストレッチで代表的なのが、「腕を水平にして引きつけるストレッチ」。

腕を水平にして引きつけるストレッチ〜やり方〜

肘を直角に曲げた片方の腕に、もう片方の腕を水平にのせ、肘を反対側の肩に向けて引っ張ります。これを1回10秒(ゆっくり息を吐きながら)、1セット左右5回ずつを目安にやってみてください。首から肩背部の引っ張られ感が徐々に緩和していくのを感じられます。

「ほぐしコンシェルジュ」では、問診での痛みの原因に肉体的要因だけでなく、精神的要因あるいは内臓疾患の有無についてもヒアリングを行い、根本的要因への施術をしています。もちろん、こちらで対応できない分野は専門医への受診をお勧めしています。

次回のブログからは[腰痛と関連のある筋肉」についてお伝えします。