腰痛
腰痛シリーズ

腰に負担がかかるのはどの姿勢

こんにちは。アールスプリング、理学療法士の近藤です。

今回は、お客様からご質問の多い、腰痛の原因となる不良姿勢についてお伝えします。

【マッサージができる理学療法士の視点】

日常生活の何気ない姿勢の変化で、腰部にかかる負担がどのように違うか?

腰にかかる負担は正しい姿勢と比べると、体幹が前屈するほど腰(下部腰椎)にかかる負担は増えます。

これは前方にかかる重量を、腰部の脊柱起立筋で保持する力が増え、椎間板に荷重がかかるためです。

腰痛

データでは、第3〜第4腰椎の内圧変化を見たときに、

立位を100%とすると、

立位100%

背臥位は25%なのに、

立位で体幹が前傾した姿勢では150%、

座位で体幹が前傾した姿勢では185%、

背臥位から起き上がるときには実に210%とされています。

いかに体幹の前傾姿勢が、腰に負担をかけているかわかりますよね。

ちなみに立位の100%に対して、座位は通常でも140%の負荷がかかっています。

ということは、長時間のデスクワークで座りっぱなしの方が、立位よりも負担がかかっているといえます。

気がつかないうちに腰に負担が溜まり、痛みに発展するパターンですね。

次回は、腰に負担のかからない姿勢のポイントついてお伝えします。

腰痛に効くストレッチ
腰痛シリーズ

腰痛に効果的なストレッチとは? ④

こんにちは。アールスプリング、理学療法士の近藤です。

朝晩と日中の寒暖差が大きいこの時期、体の不調を訴えるお客様が多いです。

その中でも、特に多いのが「腰痛」。

今回、腰痛に効果的で、かつ、むくみ予防に効果的なストレッチをご紹介します。

それは第二の心臓とも呼ばれる「ふくらはぎ」のストレッチ。

腰からは離れていますが筋膜でつながっており、腰痛の方はここが硬く縮こまっていることが多いです。

ふくらはぎの後面で浅いところに位置する腓腹筋と、その奥にあるヒラメ筋で構成されています。

ココを伸ばすには、壁に寄り掛かって踵を後ろに下げるストレッチが簡単です(画像参照)。

腰痛に効くストレッチ

足を前後に開き、両足のかかとをつけたまま壁に寄りかかり、片足ずつ踵を後ろに下げながら7秒間、左右交互に5セット伸ばしてください。

徐々にふくらはぎの柔軟性が感じられますよ。

当店では慢性腰痛のお客様に、疲労が痛みに変わる前のメンテナンスをお勧めしています。

次回からは、肩こりに効果的なストレッチをご紹介します。

腰痛に効果的なストレッチ
腰痛シリーズ

腰痛に効果的なストレッチとは? ③

こんにちは。アールスプリング、理学療法士の近藤です。

朝から気持ち良い秋晴れで、貴重な一日です。

こんな日は温泉で露天風呂につかってのんびり過ごしたくなりますが…、

現実はそうはいきません…😢

朝から洗濯機を回し、洗濯物干しからスタートさせた私です😢

過ごしやすい季節ですが、朝晩を中心に寒くなり、腰痛を訴えるお客様が相変わらず多いです。

そこで今回も腰痛に効果的なストレッチ第3弾として「中臀筋(ちゅうでんきん)」のストレッチをご紹介します。

この筋肉はお尻の筋肉で、骨盤の後ろ側から大腿骨の頭(大転子)についている筋肉です。

立っているときに無意識的に骨盤を支え、安定させる役割があります。

デスクワークや座位姿勢が長く続くと、圧迫され続けて疲労が蓄積し、痛みに発展します。

ココを伸ばすには仰向けで膝を立て、伸ばしたい方の足を下にし、もう片方の足で膝の上を引っ掛けながら倒してきます(画像を参照ください)。

これを片方ずつゆっくり7秒間、左右交互に5セット繰り返して下さい。

お尻〜ももの外側が伸びて、気持ちいいですよ。

腰痛に効果的なストレッチ
っ地

当店では、今月末まで慢性腰痛に効果的な「腰整体(10分1650円)」を実施しています。

セルフケアでは届かないコリの深い部分までアプローチでき、お客様に好評いただいておりますので、ぜひお試しください。

ネット予約が30日先まで申し込み可能です!

「予約する」ボタンよりアールスプリングご予約フォームにて承ります。

予約方法はこちらを参照ください。

腸腰筋ストレッチ
腰痛シリーズ

腰痛に効果的なストレッチとは?③

こんにちは。アールスプリング、理学療法士の近藤です。

先日、久しぶりの秋晴れになったので、気分転換に小旅行をしてきました。
自然の新鮮な空気とのどかな景色を堪能でき、リフレッシュできたのでよかったです^_^

今回ご紹介する腰痛に効果的なストレッチは「腸腰筋」です。

腸腰筋は腰〜骨盤の前方を通り、大腿骨内側についている筋肉です。

デスクワークなど長時間の座位姿勢の方は、ここが硬く縮こまっている方が多いです。

そうなると骨盤の位置が負担の少ない正常な位置からずれて、腰回りの筋肉にストレスが与えられ、痛みの原因になります。

この腸腰筋を伸ばすには、うつぶせになり、両手を両肩付近につき、両腕を伸ばして体をおこします。

骨盤の前側(おへそまわり)が伸ばされているのを感じながら、痛気持ち程度で1回7秒間× 5セットをやってみてください。

腰〜骨盤周りが軽く感じますよ。

当店では、今月末まで慢性腰痛に効果的な「腰整体(10分1650円)」を実施しています。

お客様から施術後のスッキリ感について好評いただいていますので、是非、この機会にお試しください。

ネット予約が30日先まで申し込み可能です!

「予約する」ボタンよりアールスプリングご予約フォームにて承ります。

予約方法はこちらを参照ください。

腰痛に効果的なストレッチ
腰痛シリーズ

腰痛に効果的なストレッチとは? ②

こんにちは。
アールスプリング、理学療法士の近藤です。
台風が去り、秋晴れになるかと思いきや、なぜか関東周辺だけどんよりしています。
なんでやねん?

このどんよりした天気の持続と、季節の変わり目(朝晩の冷え)による体調不良を訴えるお客様が目立ってきました。

特に腰痛のお客様は、相変わらず多いです。

そこで、今回も腰痛に効果的なストレッチのパート②「脊柱起立筋のストレッチ」のご紹介です。

「脊柱起立筋」とは骨盤〜頸部までつながっている背中の筋肉です。

この筋肉の働きは、身体(体幹)と首を後ろに反らせたり、体を側方に反らせる(横に曲げる)です。
日頃のデスクワークなどで前傾姿勢が長く続くと、気がつかないうちに背中の筋肉が張って疲労が溜まっていきます。

そこで今回は、ここをストレッチする方法をお伝えします。

まず、仰向けに寝て両膝を抱えます。
画像のように膝の下を両手で持ちますが、これがきつい方は膝の裏やももの裏を持ってください。
この姿勢で、両膝を胸のほうに引きつけます。

ポイントは、息を吐きながら両膝を引きつけることでしっかり伸ばせて、背中〜腰の筋肉の伸びが実感できることです。

これを7秒間×5回をワンセットとして、3セット行ってください。次第に、背中〜腰が緩んできますよ。

当店では、今月末まで慢性腰痛に効果的な「腰整体(10分1650円)」を実施しています。

ご紹介しているようなセルフストレッチでは、ほぐしきれない体の深いところにアプローチしていますので、施術後、腰が軽くなった!、といわれる方が多いです。
ぜひこの機会にお試しください。

ネット予約が30日先まで申し込み可能です!

「予約する」ボタンよりアールスプリングご予約フォームにて承ります。

予約方法はこちらを参照ください。

大腿二頭筋のストレッチ大
腰痛シリーズ

腰痛と関係のある太ももの筋肉とは?

こんにちは。アールスプリング、理学療法士の近藤です。

今日は台風の影響もあり、1日中雨で肌寒さを感じます。
こんな日は体調を崩しやすいので、気をつけましょう。

今回から、腰痛に関する筋肉のストレッチをご紹介します。

第1回目は太ももの裏側にある「大腿二頭筋(だいたいにとうきん)」という筋肉です。

これは、骨盤の1番下にある坐骨結節から腿の裏側を通って膝関節の下(やや外側)に付いている筋肉です。

日常生活では股関節の安定性を保ち、膝を曲げたり外に向けたりします。
また、歩行時の着地動作に作用し、体幹が前方に曲がるのを防ぐ役割もあります。

立位でイス等の上に片足を上げて、伸ばす方の足のつま先を上に向けて、上体を前に倒してください。

そうすると腿の裏がストレッチされて、気持ちが良いです。

大腿二頭筋にストレッチ

ココを7秒間、左右交互に5回ずつ伸ばしてみてください。

当店では、今月末まで腰痛緩和に効果的な「腰整体(10分1650円)」を実施しています。

セルフケアでは対処できない慢性腰痛に効果的なメニューですので、気になる方はぜひお試しください。

ネット予約が30日先まで申し込み可能です!

「予約する」ボタンよりアールスプリングご予約フォームにて承ります。

予約方法はこちらを参照ください。

ぎっくり腰に効くツボ
腰痛シリーズ

足の疲れにも効く、ギックリ腰のツボとは?

こんにちは。
アールスプリング、理学療法士の近藤です。

このところ寒すぎず暑すぎずで、過ごしやすい季節になりましたね。

コロナ自粛と夏の暑さによる疲労から体調を整える良い機会です!
この気候が少しでも長く続くと良いのですが…。

今回は、主に足の疲れ、そしてギックリ腰にも効果的な「承山(しょうざん)」というツボをご紹介します。

場所は足の後面、ふくらはぎの中心線上にあり、膝の裏とくるぶしの中間点にあります。

ギックリ腰や足の疲れの他、むくみ予防、こむら返り予防にもなります。

ココのツボを7秒✖️5回繰り返してみてください。

足と腰の疲れが楽になりますよ。

当店では今月末まで慢性腰痛に効果的な「腰整体(10分1650円)」を実施しています。

ほぐしだけでは届かない腰痛の根本的原因にアプローチするので、お客様から好評です。

是非、この機会にお試しください。

ネット予約が30日先まで申し込み可能です!

「予約する」ボタンよりアールスプリングご予約フォームにて承ります。

予約方法はこちらを参照ください。

こんろん
腰痛シリーズ

足の疲れにも効く、腰痛のツボとは?

こんにちは。
アールスプリング、理学療法士の近藤です。

秋雨の時期。気候の変化に、身体がついていかない人も多いのではないでしょうか?

当店にも相変わらず、腰痛を中心に身体の不調を訴えるお客様が多いです。

今回は、腰痛についての最後のブログです。

ご紹介するのは、腰痛や足の疲労、頭痛にも効果的な「崑崙(こんろん)」というツボです。

場所は外くるぶしからアキレス腱の間の窪んでいる部分。
腰痛のある人は、ココが腫れています。

アキレス腱をつまみながらココのツボを3秒✖️5回繰り返してみてください。

足の疲れも楽になりますよ。

当店では今月から慢性腰痛に効果的な「腰整体(10分1650円)」を実施しています。

ほぐしだけでは届かない腰痛の根本的原因にアプローチするので、お客様から好評です。

是非、この機会にお試しください。

ネット予約が30日先まで申し込み可能です!

「予約する」ボタンよりアールスプリングご予約フォームにて承ります。

予約方法はこちらを参照ください。

腎兪
腰痛シリーズ

ぎっくり腰と慢性腰痛ともに効果的なツボとは?

こんにちは。アールスプリング、理学療法士の近藤です。

このところ暑さが和らぎ、夜もぐっすり眠れるようになりました。
この過ごしやすい季節に、体調を整えたいところですね。

当店では、季節の変わり目の慢性腰痛を訴えるお客様が相変わらずいらっしゃいます。

そこで、前回に続きぎっくり腰と慢性腰痛に効果的なツボをお伝えします。

前回お伝えした「大腸兪」は骨盤の一番上を結んだLINEにありますが、今回ご紹介する「腎兪(じんゆ)」は、おへその高さに位置する腰のツボです。

ここは腎臓の「腎」と言う名前の通り、腰痛だけでなく泌尿器疾患や腎炎にも効果があります。

なんとなく腰が重い、お腹に力が入らない、トイレが近い、足がだるい、疲れが抜けない、などの症状の時に押してみてください。

1回3秒×5セット行なってください。

当店では慢性腰痛に効果的な「腰整体(10分1650円)」を今月から実施しております。

ほぐしだけでなく、腰痛の根本的な深部までアプローチできるので、お客様に好評いただいております。
この機会にぜひお試しください。

ネット予約が30日先まで申し込み可能です!

「予約する」ボタンよりアールスプリングご予約フォームにて承ります。

予約方法はこちらを参照ください。

大腸兪
腰痛シリーズ

腰痛とぎっくり腰の両方に効果的なツボとは?

こんにちは。アールスプリング、理学療法士の近藤です。

朝晩だけでなく、日中も風が涼しく感じるようになりました。この季節が少しでも長く続くと、体にとっても良いのですが…。

この季節の変わり目で、相変わらず腰痛を中心に痛みやだるさを訴えるお客様が多いです。

そこで、今回は腰痛とぎっくり腰に効果的なツボをお伝えします。
名前は「大腸兪(だいちょうゆ)」。

場所は左右の骨盤の1番上を結んだ線と背骨との交差点。背骨から指2本分外側にあります。

ここは日常生活で負担のかかりやすい場所なので、こわばって動きの悪いお客様が多いです。

左右の親指で3秒間、繰り返し押してみてください。

腰痛のほかに下痢や便秘、坐骨神経痛、生理不順にも効果があります。

当店では今月から、慢性腰痛への効果的な施術として「腰整体(10分1650円)」を実施しています。
施術後、足腰の軽さを感じられるお客様が多いので、この機会にお試しください。

ネット予約が30日先まで申し込み可能です!

「予約する」ボタンよりアールスプリングご予約フォームにて承ります。

予約方法はこちらを参照ください。