ばね指
研さんの相談室

長時間のデスクワークが続き、指が痛くなったときの原因とセルフケアは?

前回、リモートワークによって手首の痛み(腱鞘炎)が気になったときの、セルフケアをお伝えしました。

今回はそれに関連して、マウスやスマホの使い過ぎよる指の痛み(ばね指)のセルフケアについて、ご質問をいただきました。

ばね指
ばね指

ばね指の症状は、指の付け根(特に親指と中指)に痛みや腫れ、熱感を生じます。
曲がった指を伸ばすときに、バネのようにカクンと急に戻ります。
朝方に症状が強く、日中は症状が軽減することが多いです。

原因としては、指の使いすぎによる疲労で、動かすたびに筋肉の腱の部分と、その腱を囲んでいる靭帯性腱鞘(じんたいせいけんしょう)に摩擦による炎症が進み、腱が肥大して腱鞘との障害を起こすために症状が出ます。

スマホなど手の使いすぎや、パソコンなど手を多く使う仕事の人に多いですが、更年期の女性や妊娠出産期の女性にも多く生じます。
また糖尿病、リウマチ、透析患者にも発生します。

治療は保存療法として、患部の安静や投薬、ステロイド注射などがあります。
ステロイド注射は有効で、3ヶ月以上は無症状なことが多いと言われていますが、再発することも少なくありません。 

保存療法で改善しない時は、腱鞘を開く手術(腱鞘切開)を行います。

ばね指(指の腱鞘炎)は使いすぎが原因なので、できるだけ患部を使わずに安静にすることが基本です。

このような症状にならないよう、日ごろからセルフケアは大事ですね。

ばね指にならないようにするセルフケア

次にご自宅でできる、セルフケアのやり方をお伝えします。
できれば体があったまって筋肉がほぐれている、入浴時がお勧めです。

①グーパーストレッチ

グーパーストレッチ

両手の指を思いっきり開いて、3秒間キープします。
次に手をぎゅっと握り、2秒間キープします。
これを10回繰り返します。

② 指反らしストレッチ

指反らしストレッチ

指を曲がる方と逆に反らせます。
ゆっくり10秒を、痛みが出ない程度に繰り返し行ってください。

③指のつまみストレッチ

指のつまみストレッチ

指の付け根を反対側の親指と人差し指で挟み、軽く引っ張りながらもみほぐします。
これを1セット5回、痛みが出ない程度に繰り返し行ってください。

時間と場所を取らずに簡単にできるストレッチです。
疲労が痛みに変わる前に、ぜひお試しください。

当店では腱鞘炎予防の施術を行なっております。
ご希望の方を施術前にお伝えください。

手首痛
研さんの相談室

長時間のパソコン作業で、手首が痛くなる原因とそのセルフケアは?

リモートワークが日常になり、手首の痛みを訴えるお客様が増えています。
原因として、職場と違って机や椅子の高さが合わず、長時間のパソコン作業で自然と手首に負担をかけていることや、職場より長時間パソコンに向かうことが多くなった、ということが挙げられます。

もともとリモートワークが普及する以前から、美容師など手首に負担のかかる職業の方が症状を訴えていました。

また、女性ホルモンの関係で、妊娠、出産期、更年期の女性の方にも多いようです。

痛みが発生するメカニズムとして、手首には細かい筋肉がたくさん走っており、その筋肉はただでさえ弱い筋肉なのに、日常の繰り返しの使用による機械的刺激(筋肉疲労)によって痛みが出やすい部位です。

その細かい手首の筋肉は、腱鞘(けんしょう)と言う筋肉の腱を束ねているものに覆われており、筋肉疲労の蓄積によってその部分が炎症を起こし、腫脹や疼痛、運動制限が起こります。

治療方法としては、患部の安静、内服液の投与などが原則ですが、特に痛みがひどい場合は、ステロイドの局所注射、手術が行われます。

このような症状にならないために、どのようなセルフケアを行ったら良いか?

痛みがひどくなる前、重症化する前に行っていただきたいストレッチ(セルフケア)をお伝えします。

①手首の手のひら側を伸ばすストレッチ

手首の手のひら側を伸ばすストレッチ

テーブルや床などに手の指先を自分のほうに向けて手をつき、肘を伸ばします。
上体を少しずつ後ろに引きながら、痛みを我慢できるところで10秒間、繰り返し伸ばします。

②手首の手の甲側を伸ばすストレッチ

手首の手の甲側を伸ばすストレッチ

テーブルや床などに手首の甲側を軽くつき、手の指先を自分のほうに向けて肘を伸ばします。
上体を少しずつ後ろに引きながら、痛みを我慢できるところで10秒間、繰り返し伸ばします。

③手首を柔軟にする体操

手首を柔軟にする体操1
手首を柔軟にする体操2

両手の指を絡めて前回し&後ろ回しをします。
または、身体の力を抜き、リラックスした状態で両手首のぶらぶら揺らします。

手首は毎日気がつかないうちに酷使されて疲れが溜まり、痛みやすい場所です。

疲れが痛みに変わる前の予防として、毎日継続的なメンテナンスをお勧めします。

仙腸関節性腰痛のセルフケアは?
研さんの相談室

仙腸関節性腰痛のセルフケアは?

前回、日頃のリモートワーク疲れの蓄積によるおしり(仙腸関節)の痛みの原因と症状についてお伝えしました。

仙腸関節性腰痛のセルフケアは?

今回はそれに対するセルフケアをお答えします。

ポイントとしては弱っている体幹(お腹周り)を鍛え、負担のかかっている臀部や大腿部をストレッチします。

注意点は痛みのひどい時に行わないこと。
痛みを我慢して行うと、悪化する場合があります。

①梨状筋ストレッチ

梨状筋ストレッチ
ここでは右の梨状筋を伸ばしています。

仰向けで片足(伸ばす方の足)を大腿部(前もも)に乗せ、両手を前に伸ばしてもう片方の膝をつかんで手前に引きつけます。
これをゆっくり7秒間×10回、繰り返して行ってみてください。

②ハムストリングストレッチ

ハムストリングストレッチ
ここでは左のハムストリングを伸ばしています。

片方(伸ばすほう)の足を前に伸ばし、反対側の足先を伸ばした足の膝付近につけて、前屈して両手をつま先方向に伸ばします。
これをゆっくり7秒間× 10回、繰り返し行ってみて下さい。

③ドローイン

ドローイン
口をすぼめて息を吐き出しながら、お腹を凹めています。

両膝を立てて仰向けで寝ます。鼻から大きく息を吸い、口をすぼめてフ〜っ!、と息を吐くタイミングで、お腹をへこませます。
お腹をへこます時に、背中がそらないよう注意してください。
これを1セット10回として、繰り返し行ってみて下さい。

④ヒップリフト

ヒップリフト
お腹に力を入れて臀部とももを持ち上げています。

両膝を立てて仰向けで寝ます。
お腹に力を入れながらお尻を持ち上げます。
これを1セット5回とし、繰り返し行ってみてください。


場所をとらず簡単にできるストレッチ&トレーニングです。
お時間のある時にぜひ行ってみてください。

研さんの相談室

おしり(仙腸関節)の痛みの原因は?

先日、リモートワークが続き腰痛がひどい、と言われて来店されたお客様からご質問を頂きました。

おしり(仙腸関節)の痛みの原因は?


実際施術に入らせていただくと腰ではなく、その下のお尻(仙腸関節)に痛みがありました。

実は今、この仙腸関節性腰痛と言われる症状が増えています。

男女比は男性が1、女性が2の割合で、幅広い年齢層に見られます。

また、レントゲンやMRI、CTで異常が見られることがないのも特徴です。

では、これはどのような症状なのか?

  • 仰向けで寝れない。
  • 痛いほうのお尻を下にして寝れない。
  • 座位時、痛いほうのお尻を上げて座っている。
  • 立ち上がりなど、動き始めが痛い。

いかがでしょう?
当てはまるものはありましたか?

仙腸関節性腰痛の痛みの多くは、お尻の痛みや鼠蹊部(足の付け根)痛で、特徴は片方のみに出ることです。

仙腸関節
仙腸関節

では原因は?(なぜ痛みが出るのか?)

  • 中腰での作業の持続。
  • ジムでのトレーニングなど、同じ動作の繰り返し。
  • 重い荷物を持つなど、急な力の入った動作。

いかがでしょう?
心当たりはありますか?

これらの動作で仙腸関節が緩んだり、そのまわりの靭帯が伸びすぎて衝撃吸収ができずに関節への負担が積み重なり、炎症が起きると言われています。

また、仙腸関節と関係のある体幹や股関節周囲の筋力の低下により、仙腸関節や靭帯への負担が大きくなることで痛みが出ます。

仙腸関節は上半身と下半身からの刺激を吸収する役割があるので、常に負担がかかる間接で、まわりの筋力のバランスと柔軟性が大切になってきます。

治療は痛みの緩和を目的として仙腸関節ブロック(注射)、薬物療法、リハビリテーションがあります。

リハビリテーションでは骨盤(仙腸関節)の位置を痛みの出にくい位置に修正し、その状態を維持できるように骨盤周囲筋の強化と、柔軟性確保のためのストレッチを行い、再発予防を図っています。

次回は回復期に行う仙腸関節の運動療法についてお伝えします。

つらい五十肩
研さんの相談室

五十肩(凍結型)は何が起きているの?セルフケアは?

先日、リモートワークでの長時間のパソコン作業で、肩がある一定の角度で上がらなくなったお客様からご質問をいただきました。

五十肩はどうしておこるの?
どうしておkk

五十肩とは

五十肩は肩関節周囲炎の一種で、

  • 50歳代を中心とした中年以降に好発。
  • 肩を動かした時、または、安静時や夜間時に痛みが出る。
  • 肩前方を中心とした痛みと、肩関節の可動域制限が生じる。
  • レントゲンなどの画像検査で、特に異常を認めない。

という特徴があります。

この症状は明らかな原因がなく、肩関節の退行変性(加齢による消耗)によって発症すると言われています。

日常生活では衣服の着脱や結髪、洗髪などが困難になります。

五十肩の病期

病期には急性期、慢性期、回復期3つのがあり、各病期は4ヶ月程度で、全体として1年ほどの経過で治癒するとされています。

急性期
病態としては炎症。
疼痛が最も強い時期で動かすことはもちろん、安静時や夜間時にも痛みが出ます。
この時期では患部を安静にし、患部に負担をかけないことを心がけます
肩関節内への注射療法も行う場合があります。

慢性期
病態としては拘縮(関節のこわばり)。
動かしたときに痛みによる可動域制限が見られます。
患部の保温や運動療法による可動域訓練(コッドマン体操、介助挙上運動など)を行ないます。

回復期
炎症も拘縮もなく、肩関節まわりに多少のひっかかり感を感じます。
慢性期での運動療法と患部の保温の継続、肩関節周りのストレッチを加えて肩関節周りの柔軟性を回復させます。


五十肩へのセルフケア

急性期(痛みの最も強い時期)は患部に炎症が起きているので、運動よりも患部の保温や安静、そして負担をかけないことを優先しますが、炎症が落ち着いてきたら積極的に運動療法をおこないます。

痛いからといっていつまでも肩を動かさないでいると、肩関節周りのこわばりがなかなか取れず回復が遅れるので、痛みを我慢できる程度に次にご紹介する運動療法をお勧めします。

①コッドマン体操

  1. 足を肩幅程度に開きます。
  2. 上体を前に倒し、痛みが出ている側の上肢(腕)を振り子のように動かします。
  3. この時、肩から腕を脱力して腕をダラ〜ンと垂らし、体全体を動かしながら腕を動かした方が効果的です。
  4. 右回し、左回し、前後と、各30秒ほど疲れない程度に繰り返し行なってください。

②腕を上げやすくするストレッチ

腕を上げやすくするストレッチ
  1. 上体を曲げて、テーブルまたは椅子に両手を置きます。
  2. 両手の位置を動かさず、お尻を後ろに引きます。
  3. この状態を5秒キープし、疲れが出ない程度に繰り返し行ないます。
  4. 背中〜腰が丸くならないように、お尻だけを引くのかポイントです。

このブログをご覧になった方は早速試してみてください。

全身のリンパの流れを良くするには?
研さんの相談室

全身のリンパの流れを良くするには?

先日、全身の重だるさやむくみが気になるお客様からご質問をいただきました。

今回はの状態を緩和する方法として「鎖骨下静脈」へのアプローチをご紹介します。

リンパの流れに作用する鎖骨下静脈をほぐす

鎖骨下静脈は、名前の通り鎖骨付近を流れている静脈です。

鎖骨下静脈

ここはリンパと大きな関係があります。

足から体幹、腕、顔から老廃物を運んできたリンパは、ここに流れ込むからです。

ということは、この部分が何らかの原因で詰まっていると、流れがせき止められて、むくみや全身の倦怠感、ウィルスや細菌を体内に侵入しやすくさせる原因になります。

この鎖骨下静脈付近が滞りやすい原因として、不良姿勢が考えられます。

日頃デスクワークやスマホなどで長時間前傾姿勢が続き、猫背気味になってる方は要注意。

毎日、長時間圧迫され続けているので、滞りの原因になります。

これを緩和するために、鎖骨リンパマッサージが効果的です。

これは鎖骨の中央付近から肩の方へ向けて、軽く押したり擦ったりして、滞っているリンパを肩のほうに流し込みます。

その状態を緩和する方法の1つとして今回お送りする動画は、

全身からのリンパが流れ込む「鎖骨下静脈」付近を広げるセルフケア「エア背泳ぎ」

ご自宅で気軽にできる内容ですので、ぜひご覧ください。

エア背泳ぎ

この動画をお勧めする理由は3つ!

1つ目は鎖骨下静脈付近の筋肉をほぐすことで、全身の循環が良くなり、免疫力アップにつながります。

2つ目はデスクワークなどで前傾姿勢が続くと、気がつかないうちに胸郭が狭くなり、同時に首肩〜背中まわりの筋肉に疲労が溜まります。
その改善にも効果的です。

3つ目は前傾姿勢が長く続くと、肩関節の位置が正常な位置より前にズレて、腕を上げる時に痛みが出る、いわゆる五十肩のような症状の緩和につながります。

ただし、注意点が1つあります。

椅子に座って体をそらしながら行うので、そらしすぎて後ろに倒れないように気をつけましょう。

[エア背泳ぎのやり方]

  1. まず椅子に座って、背もたれに軽く背中を当てます。
    そして、首を軽くそらしながら、プールで背泳ぎするようなイメージで、左右交互に腕を後ろに回します。
  2. この時、体を後ろにそらせすぎて、倒れないように気をつけましょう。
    首を軽くそらしながら、手を左右交互に後ろ回しします。
  3. この時に意識する点として、肩甲骨を腕と一緒に動かしましょう。
  4. 肩甲骨も同時に動かすことで、より胸郭が広がりやすくなります。
  5. また、胸を広げた時に、鎖骨付近の筋肉のつっぱり感を感じた位置で、手のひらを上に向け、親指を外側に繰り返し向けることで、より鎖骨の下がほぐれやすくなります。
  6. 以上の点をを意識しながら、疲れない程度に繰り返し行いましょう。

「エア背泳ぎ」のメリットは、鎖骨下静脈付近がほぐれて循環が良くなり、免疫力アップにつながります。
また、胸郭が広がって呼吸がしやすくなります。
さらに、肩関節の位置のズレが戻りやすくなります。

ぜひお時間のある時に、お試しください。

風やストレスによる首リンパの腫れを和らげるには?
研さんの相談室

風やストレスによる首リンパの腫れを和らげるには?

先日、風邪気味のご家族のいるお客様からご質問をいただきました。
今回の熱があるケースでは炎症が起きているため、マッサージが裏目に出ますので施術はおすすめできません。

首のリンパが腫れる原因としては風邪やインフルエンザなどの感染症が多く、鼻や口から入ったウィルスが全身に広がらないように、頸部のリンパ節がウィルスと戦っているときに生じやすいです。

風邪でなくても、日ごろからの活動不足で循環が悪くなり、リンパが腫れることがあります。 その場合はマッサージはとても効果的なのですが、ウィルスが体内に入り込んで37度以上の熱があると逆効果になります。

このような状態では炎症が起きているため、首まわりを冷却シートやアイスまくら等で冷やすことが有効です。

また、これ以上ひどくさせないためには、

  • 水分をしっかりとる
  • 睡眠をしっかりとる
  • 栄養バランスの良い食事をとる
  • 適度な運動を行うなど、免疫力の維持、向上を図ることが大切です。

それでもなかなか症状が治らない時は、医療機関への受診をお勧めします。

具体的な症状として、

  • 首のリンパが腫れてから1週間程度経過しても、快方に向かわない場合
  • リンパ節の腫れや痛みが激しい場合
  • 発熱を伴っている場合
  • 2カ所以上の部分にリンパ節の腫れが生じている場合
  • 腫れが大きくなってきた場合

などです。

首のリンパが腫れやすい人は、病原体に対する免疫が未熟である子供や、免疫力が低下している人、ストレスや疲労を溜めている人です。

ウィルスに対する免疫力を上げるには?

デルタ株やラムダ株の侵入により、新型コロナウィルスが猛威をふるっている状態では、体内にウィルスの侵入を受け入れやすいので、日頃からマッサージなどで疲労やストレスをためないよう免疫力を上げておくことをお勧めします。

一般的に感染症にかかったり怪我をしたり、がんなどの病気になると首や脇の下、顎の下、あるいは股間周囲にあるリンパ節が、有害な物質を体内から排除しようとして腫れたり大きくなったりしますが、新型コロナウィルスに感染していると必ずしもリンパが腫れるとは、現段階では言い切れないようです。 ただし、新型コロナワクチンを接種すると副反応として脇の下や首にリンパの腫れが見られることが多いと報告されています。

当店では現在、免疫力アップに効果的な施術や、熱中症予防対策として、体内にこもった熱を効果的に放出する、クールマッサージを実施しています。
夏バテ予防に効果的な施術ですので、気になる方は一度お試しください。

研さんの相談室

夏の便秘を解消する方法とは?

先日、もともと便秘がちで、暑くなってから特にひどくなった、というお客様からご質問をいただきました。

夏の便秘を解消する方法とは?

夏に便秘が起こりやすいのは、主に次のような原因があります。

①室内と外の温度差
家の中と外との温度差が大きくなると、腸の動きと関わりの深い自律神経のバランスが崩れて、便秘がちになります。

②冷たい食べ物や飲み物
アイスクリームなどの冷たいものを取りすぎると体内から冷えてしまい、内臓の働きが悪くなります。

③薄着になる
Tシャツや短パン姿で長時間冷房の効いた部屋にいると、肌が冷気に触れ、感じる以上に体内が冷えてしまいます。

④水分不足
水分補給としてコーヒーや紅茶などのカフェインが入った飲み物やアルコールを取りすぎると、利尿作用が働いて逆に水分不足になってしまいます。

⑤暑さで睡眠不足になる
睡眠不足で自律神経のバランスが崩れてしまい、便秘につながります。

いかがでしたか?
該当する項目はありましたか?

1つでもあった場合は日頃の生活習慣を見直すことで改善するかもしてません。それでも、変化がない時は是非ここでご紹介するケアを試してみてください。

①腸を刺激するセルフマッサージ

仰向けに寝てリラックスした状態で腸の流れに沿ってマッサージします。

腸の流れとは、右の下腹部から右脇腹に上がり、右脇腹から左脇腹に横移動し、左脇腹から左の下腹部に下がります。

ここをグーで(またはテニスボールのような丸くて硬いもの)
で軽い刺激を加えながら、繰り返しほぐします。

②乳糜槽(にゅうびそう)ストレッチ

仰向けで片方の足を反対側に持っていきながら上半身を捻ります。

この時、より効果を出すため、手と頭は足と反対側に向けます。これを息を吐きながら7秒間、左右交互に繰り返し行ってください。

おへその上にあるリンパ節(乳糜槽)が刺激されるので、整腸作用だけでなく、リンパの流れも良くなります。

このブログをご覧になった方は、早速試してみてください。

※当店では現在、熱中症予防対策として、体内にこもった熱を効果的に放出する、クールマッサージを実施しています。
夏バテ予防に効果的な施術ですので、気になる方は一度お試しください。

研さんの相談室

夏の暑い夜に足をつりにくくするには?

先日、暑くなってから寝てる時に足をよくつるようになった、というお客様からご質問をいただきました。

足がつる原因

夏に足がつる原因としては、汗をかくことによって体内の水分や塩分が不足して脱水症状になり、生きていくために必要なミネラル(カリウムやナトリウムなど)が同時に放出されてしまうことが多いです。

ミネラルは体内で産生できるものが少ないので、食事で補うことになります。

また、夏は暑さのため、運動不足やエアコンの効いた室内に滞在する時間が長くなり、血行不良になりがちです。

そうなると筋肉が凝り固まりやすく(収縮しやすく)なり、足がつりやすい状況になります。

そこで今回は、足をつりにくくする簡単なセルフケアをお伝えします。

足をつりにくくする簡単なセルフケア

①足首パタパタ運動
椅子に座りながら、または、仰向けで、足のつま先を上下に向けて足首をパタパタします。
1セット10回を、適度に疲れない程度におこないます。

②ふくらはぎ左右ぶらぶら運動椅子に座りながら足を高いところに乗せて、リラックスした状態で左右にぶらぶらと適度に動かします(※ポイントとしては、おしりと同じ高さ以上に足をあげます) 。

③ふくらはぎ動的ストレッチ
ふくらはぎの筋肉を断続的に伸縮させることで筋ポンプ作用が働き、血行が促進されます。
1セット10回を、適度に疲れない程度におこないます。

④膝の屈伸運動
足首と膝まわりのリンパを刺激し、下肢にに滞りがちなリンパや血液の循環を回復させます。1セット10回を、適度に疲れない程度におこないます。

このブログをご覧になった方は、早速試してみてください。

※当店では現在、熱中症予防対策として、体内にこもった熱を効果的に放出する、クールマッサージを実施しています。

見逃すな!その熱中症の前触れ

夏バテ予防に効果的な施術ですので、気になる方は一度お試しください。

熱中症を予防する効果的なツボは
研さんの相談室

熱中症を予防する効果的なツボは?

先日、早くも夏の暑さで弱っているお客様からご質問をいただきました。夏になると、いつもご来店のお客様とよく「熱中症」対策の話題になります。

熱中症を予防する効果的なツボは

当然ではありますが、熱中症気味かな?と思ったら、まずは涼しい所で水分&塩分を取りながら安静にし、首や脇の下、鼠蹊部などのリンパを冷やすなどしてください。

見逃すな!その熱中症の前触れ

ひどい熱中症にならないためにも、この「気味かな?」という感覚は非常に大切です。

もしこんな症状があったら、放っておかないでくださいあなたは熱中症予備軍かもしれません

  • 身体がだるく、頭がボーッとする
  • めまいやふらつきがある
  • 体内に熱がこもっている感じで暑い

熱中症は年齢問わず大変危険ですから、本人が気が付かない場合は、ぜひ家族の方がいつもと違う様子がないか観察してあげてください。

そして、何よりも早い段階で体温調整を正常化することが大切です。とにかく我慢は禁物です。体温調節は年齢とともに衰えてきますから、若いころの感覚で判断することも危険です。迷惑をかけまいと我慢をして気づいた時には手遅れになってしまい、結局は病院に運ばれてしまう大事になったという話もよく聞きます。

冷やしても、まだ暑いと感じる時は?

早急な処置をしても人によって効果を感じるまでの時間は違います。体を冷やしている際に、同時に行うことをお勧めするのは、体内にこもった熱を逃がす「陽谷(ようこく)」というツボ。

このツボは探しやすくご自分でも押せますので、覚えておくと役立ちます。

暘谷

陽谷

手の甲側で、小指から手首に向かってなぞっていくと、出っ張っている骨(くるぶしではありません)にあたりますが、その手前の小指側にあるくぼみの場所です。

ここを反対側の親指で10秒、左右交互に繰り返し押してみて下さい。

体内にこもっている熱を外に放出する効果がある、と言われています。

※当店では現在、熱中症予防対策として体内にこもった熱を効果的に放出する、クールマッサージを実施しています。

夏バテ予防に効果的な施術ですので、気になる方は一度お試しください。

こちらの施術はご予約は不要です。吉祥寺中道商店街にお越しの際、店頭にてお申し出ください。10分間程度で終わりますので、気軽にお寄りください。