マクロファージ攻撃
免疫力アップ

そもそも免疫とは何ぞや?

こんにちは。アールスプリング、理学療法士の近藤です。

前回の免疫力向上ストレッチのブログで、東京都の感染者数が1000人を超えたことをお伝えしましたが、あっという間に2000人越えになってしまいました。
感染力の強い新型コロナウィルス。
現在では陽性になっても入院できず、自宅療養が増えており、もう医療崩壊がおきている状態です。
自分だけでなく、家族などまわりの人の事を考えて、感染しないようにしなければなりません。

そこで、何度も申しますが…、

ここまできたら「自分の身は自分で守るしかありません‼️」

前回まで「免疫力を上げるストレッチ」シリーズをご紹介していましたが、今回からは「免疫」についておさらいしたいと思います。

そもそも免疫とは、「一度ある病気にかかってしまうと、二度とかからなかったり、かかっても症状が軽く済むこと」をいいます。
便利なシステムが人間には備わってますよね。

ウィルス登場

ウィルスなどの異物が体内に入ってしまった時に、まず、血液の白血球に含まれるマクロファージ(別名、大食細胞)がウィルスなどの異物をよそ者(敵)であると判断し、相手を選ばず取り込んで消化(攻撃)します。


これを非特異的防御機構、といいます。

T細胞準備

さらにマクロファージは消化(攻撃)するだけでなく、T細胞というリンパ球に抗原(ウィルスなどの異物)がどういうものかを伝えます。

その後、特異的防御機構としてある特定の病原体を記憶して攻撃する液性免疫と細胞性免疫が作られますが、これは次回にのブログで詳しくお伝えします。

このような体内の防御機構を働かせるには、血液やリンパなどの循環が良い方が効果的です。

当店では引き続き、新型コロナウィルスに対抗する免疫力アップの施術を行っております。

疲労や痛みを緩和し、全身の循環を良くしていますので、この機会にぜひお試しください。

ネット予約が7日先まで申し込み可能です!

ネットで仮予約を下のボタンより承っております。仮予約受付が完了するとメールが自動的に届きます。予約確定次第、内容をメールでお送りいたします。

予約方法はこちらを参照ください。

膝窩リンパストレッチ
免疫力アップ

足の冷え、むくみに効果的なストレッチとは?

こんにちは。アールスプリング、理学療法士の近藤です。

東京都の新型コロナウィルス感染者数が、1000人まで手の届くところに来てしまいました…。
医療崩壊が現実的になっている今、これ以上感染してはいけない状況です!

そこで、何度も申しますが…、ここまできたら「自分の身は自分で守るしかありません‼️」

という訳で、今回も全身の循環を良くし、免疫力を上げるストレッチの1つとして「膝窩リンパストレッチ」をご紹介します。

膝窩リンパ節は読んで字のごとく、膝裏にあるリンパ節です。

足先〜ふくらはぎのリンパが流れ込む場所で、ココが滞ると足の冷えやむくみを生じます。

また、長時間の座位姿勢で腓腹筋などがこわばり、腰痛にも関係する部分です。

膝窩リンパストレッチ
膝窩リンパストレッチ

ここをストレッチするには、立位でかかとを後ろに下げるストレッチが効果的です。

画像のように伸ばしたい方の足を後方にまっすぐ伸ばし、かかとを床に押し付けます。

この際、反対側の足を前に踏み出します。

これを片側10秒間、左右交互に繰り返し行ってください。

腓腹筋が伸ばされ、腰痛緩和の効果もあります。

注意点としては、より効果を出すために、
かかとがうかさないこと、
足先をまっすぐ前に向けること、
膝をまっすぐ伸ばすことです。

当店では引き続き、新型コロナウィルスに対抗する免疫力アップの施術を行っております。

この機会にぜひお試しください。

ネット予約が7日先まで申し込み可能です!

ネットで仮予約を下のボタンより承っております。仮予約受付が完了するとメールが自動的に届きます。予約確定次第、内容をメールでお送りいたします。

予約方法はこちらを参照ください。

腸腰筋のストレッチ
免疫力アップ

下半身の冷えやむくみに効果的なストレッチとは?

こんにちは。アールスプリング、理学療法士の近藤です。

寒い日が続いていますが、風邪などひいていませんか?
私はマスクをしてるせいか、風邪の気配なく好調です!
先月から飲み始めた、漢方のおかげもあるかもしれませんが…😅

新型コロナウィルス感染者数がとうとう800人を超えました。今後ますます増えてしまうのか、心配ですね…。

何度も申しますが、ここまできたら「自分の身は自分で守るしかありません‼️」

という訳で、今回も全身の循環を良くし、免疫力を上げるストレッチの1つとして「鼠径部リンパストレッチ」をご紹介します。

鼠径部リンパ節は下肢から上がってくるリンパを受け入れる場所で、ココが滞っていると下半身のむくみやだるさ、冷えの原因になります。

これから寒くなると、特にデスクワークの方はより一層むくみやすくなりますね…。

ストレッチは画像のように、足を前後に開いて腰を落とします。

腸腰筋のストレッチ

上半身を床から垂直にまっすぐ立て、伸ばしたいほうの股関節を前に押し出します。

この時、腰が反らないように注意しましょう。

これを片側10秒間、左右交互に繰り返し行ってください。

腸腰筋が伸ばされ、腰痛緩和の効果もあります。

当店では引き続き、新型コロナウィルスに対抗する免疫力アップの施術を行っております。

この機会にぜひお試しください。

ネット予約が7日先まで申し込み可能です!

ネットで仮予約を下のボタンより承っております。仮予約受付が完了するとメールが自動的に届きます。予約確定次第、内容をメールでお送りいたします。

予約方法はこちらを参照ください。

免疫力アップのストレッチ
免疫力アップ

全身のリンパが注ぐ鎖骨下静脈に効果的なストレッチとは?

こんにちは。アールスプリング、理学療法士の近藤です。

今日は12月にしては割と暖かい一日でした。
吉祥寺駅周辺はすごい人出だったようです。
しかしながら新型コロナウィルス感染者数は増加しており、とうとう一日の感染者数が600名を超えました。

何度も申しますが、ここまできたら「自分の身は自分で守るしかありません‼️」

そこで今回も新型コロナウィルスに対抗するリンパ節のストレッチ、全身からのリンパを受け入れる「鎖骨下静脈」へのストレッチをご紹介します。

ストレッチは、立位で壁などに肘をついて体幹を反対方向に回します。

これを片側7秒間、左右交互に繰り返し行ってみてください。

その際、鎖骨付近が伸びてる感覚を実感してください(画像参照)。

リンパの改善だけでなく、胸郭が広がり呼吸がしやすくなります。

当店では引き続き、新型コロナウィルスに対抗する免疫力アップの施術を行っております。

この機会にぜひお試しください。

ネット予約が7日先まで申し込み可能です!

ネットで仮予約を下のボタンより承っております。仮予約受付が完了するとメールが自動的に届きます。予約確定次第、内容をメールでお送りいたします。

予約方法はこちらを参照ください。

頸部リンパ節のストレッチ
免疫力アップ

頸部リンパ節に効果的なストレッチとは?

こんにちは。アールスプリング、理学療法士の近藤です。

今朝から冬晴れで人通りも多く、近所の公園も家族連れで賑わっていました。
新型コロナウィルス感染者数増加の影響で、近場で遊ぶ人が増えているのかもしれません。

そして、何度も申しますが、やはり、「自分の身は自分で守るしかありません‼️」

そこで今回は新型コロナウィルスに対抗するリンパ節のストレッチ、「頸部リンパ節」のストレッチをご紹介します。

頸部は耳下腺や顎下腺の各リンパ節から送られてくるリンパが集まるところで、ここが滞っているとその先の静脈に行き渡りにくくなります。

ストレッチは、立位または座位で、顔を少し上に向け、伸ばしたい方の顔の横に手をかけ、横に引っ張ります。

この時、伸ばしたい方の肩が上がらないよう、手を後ろに回すといいですね(画像参照)。

頸部リンパ節のストレッチ

これを片側7秒間、左右交互に気持ち良い程度に繰り返し行ってください。

リンパの改善だけでなく、常に頭の重みで負担のかかっている首まわりが楽になります、

当店では引き続き、新型コロナウィルスに対抗する免疫力アップの施術を行っております。

この機会にぜひお試しください。

ネット予約が7日先まで申し込み可能です!

ネットで仮予約を下のボタンより承っております。仮予約受付が完了するとメールが自動的に届きます。予約確定次第、内容をメールでお送りいたします。

予約方法はこちらを参照ください。

免疫力アップ

ウィルスを攻撃する身体の免疫システムってどんなもの?

こんにちは。アールスプリング理学療法士の近藤です。

今日は雨の一日でした。その中、在宅ワークによる肩こり、腰痛などの症状を訴えるお客様が多くいらっしゃいました。 共通点は運動(水泳やジム、ジョギング)不足による、筋肉のこわばりや循環不良です。 家で自粛することによって体内にウィルスは入りにくくなりますが、活動量不足による代償もこの時期に出ていらっしゃいます。 活動量不足によって体内の血液やリンパの循環が悪くなると、免疫力が低下します。

今回は「この免疫力のシステムにはどのようなものがあるのか?」についてです。 答えは2つです。 1つは「自然免疫」、もう一つは「獲得免疫」というものです。

自然免疫

自然免疫はウィルスなどの体内への侵入に対してすぐに攻撃できる防御部隊で、顆粒球やマクロファージといわれるものがあります。 いずれも全身を警備しており、ウィルスなどに遭遇すると攻撃を開始します。 特徴は、いろんな異物やウィルスに対応できますが、例えば特定の病原体(今回のコロナウィルス)に対して、繰り返し攻撃できるものではありません。 そのため、攻撃しそこなって、ウィルスなどを取り逃がすことがあります。

獲得免疫

2つ目の獲得免疫は、例えば今回の新型コロナウィルスの特徴をつかんでから、集中攻撃するもの。 前述の自然免疫では退治しきれず、取り逃がしたものに対して発動します。 これは主にT細胞やB細胞といわれています。

このような自然免疫と獲得免疫の相互作用は、例えば、「はしか」ような一度かかると一生かからない病気にあてはまります。 今回の新型コロナウィルスに対しても、細胞が特徴をつかんで、これを攻撃できるような免疫システムが体内で発動されていると思います。 そのためには日頃から体内の循環を良くして、免疫力を上げておくが大切です。

当店では免疫力向上に効果的な「背中整体」を実施しています。 免疫力に不安のある方、テレワークや自宅での活動量不足で体のだるさを感じる方は、一度お試しになってはいかがでしょうか?

リンパのクエストはどこにたどり着くのだろう
免疫力アップ

体内の老廃物を吸収したリンパは、どこにたどりつくの?

こんにちは。アールスプリング理学療法士の近藤です。

GW明けから日中暑くなり、季節が一気に進んだ感じです。この季節の変わり目に体調を崩すことが多いので、気をつけましょう。 体調維持のためには体内の老廃物(疲労物質)をためないことが大切です。

では、リンパは老廃物を吸収し、リンパ節を経由して体の外に出る前にどこに集められるのでしょうか?

その答えは、鎖骨下静脈です。

ただし、左右の鎖骨下静脈には違いがあり、右鎖骨下静脈には右上半身のみのリンパが、左鎖骨下静脈にはそれ以外の全てのリンパが集まります。 そのためこの部分が滞っていると静脈にリンパ(老廃物)が吸収されず、静脈〜腎臓〜尿として体の外に排出されにくくなります。

では、静脈がリンパを吸収しやすくするにはどうするか? それはこの鎖骨の下の部分をほぐしたり、温めることです。 また、最近はパソコン作業による前傾姿勢の影響で、この鎖骨下静脈付近を無意識のうちに圧迫していることが多いです。

そうならないよう、肩(肩甲骨)の後ろ回し運動で、胸を広げて流れを良くしましょう。 当店では整体マッサージの最後に、胸を開きながらこの鎖骨下静脈をほぐしていますので、リンパの循環改善には効果的です。 疲労感や背中の重だるさ、むくみが気になる方は、一度お試しになられてはいかがでしょうか?

近藤先生のリンパマッサージ
リンパマッサージの様子
耳下腺リンパ節と顎下腺リンパ節
免疫力アップ

唾液が作られるリンパ腺はどこでしょう?

こんにちは。アールスプリング理学療法士の近藤です。

外出自粛の影響もあり、新型コロナウィルスの感染者数がピーク時より減ってきています。油断せずに引き続きお体の免疫力をあげて、ウィルスへの抵抗力を高めましょう!!

唾液

免疫力を上げるのにひと役買っているのが唾液です。唾液の役割は口の中を消毒する、食物を飲み込みやすくする、消化しやすくする、などですが、この唾液はどこで作られるでしょうか?

答えは耳下腺、顎下腺、舌下腺という唾液腺といわれる場所です。

大切な3つの唾液が作られる腺

・耳下腺ーサラサラの唾液。

・舌下腺ーネバネバの唾液。

・顎下腺ーその中間の唾液。

のようにに分かれます。

今回は、そのうちの耳下腺リンパ節に関わることをお伝えしていきます。 顔のリンパマッサージで、目の下や頬から耳のほうに向かってマッサージを行ないますが、頬杖(ほおづえ)をしたときに手をつくあたり(耳の下)にあるのが耳下腺リンパ節です。 ちなみに、顎下腺リンパ節は顎の下にあります。

耳下腺リンパ節と顎下腺リンパ節

フェイスマッサージではこれらのリンパ節に向かって流し込むように行ないますが、耳下腺リンパ節には顔面神経が通っており、リンパの流れが悪いと顔がむくんだり無表情になったりします。 耳下腺リンパ節が腫れる代表的な病気として流行性耳下腺炎(おたふくかぜ)があります。これは、ムンプスウィルスが耳下腺や顎下腺リンパ節に入って腫らせたり痛みを出させます。 よく幼児でかかることが多い病気と言われますが、大人になってからかかる場合もあり、その方が重篤化することがあります。 ただし、インフルエンザと同じく、一度かかると体の中にムンプスウィルスに対抗する抗体が作られるので、その後は発症しにくくなります。

日ごろから顔面〜耳〜顎(首)へ向かってマッサージをすることで、リンパの流れが良くなります。 当店では、整体マッサージの最後に行なう「ヘッドマッサージ」で、このリンパマッサージを行なっています。 日頃の疲れが溜まって、顔のむくみや耳から顎への腫れが気になる方にはオススメですので、一度お試しになられてはいかがでしょうか?

近藤先生の施術 首
顎下腺リンパ節の付近のマッサージの様子
近藤先生の施術(手のリンパマッサージ)近藤先生の施術(手のリンパマッサージ)
免疫力アップ

手のむくみに効果的なリンパ節は?

こんにちは。アールスプリング理学療法士の近藤です。

1ヶ月以上にわたる緊急事態宣言の影響で、腰痛や頭痛、首肩周りのコリの他、むくみを感じる人が増えています。手のむくみを原因とする痛みを訴えるお客様もいらっしゃいました。

今回は手のリンパの滞りをどこに向かって流していけば良いか…、という内容です。

その答えは…↓

肘のリンパ節

手は人間の体の中で、最も細かい動作が可能な部位です。脳(大脳)の中に運動野(うんどうや)という場所があり、これは脳からの指示を体の節々に伝える場所です。その場所の広範囲が手と関係しているので、脳から出ている神経が発達しており細かい動作が可能になります。

逆に、手で触ったものを脳(大脳)が感じる場所を感覚野(かんかくや)といいますが、これも広範囲が手と関係しているので、触覚は敏感になります。 手と大脳を結ぶ神経が発達していることから、手を動かすことで脳を多く使うことになり、認知症予防にも効果的と言われます。

しかし、手があまり使われなくなると、足と同様に手や腕の筋肉でリンパ管を刺激しないのでむくみやすくなります。むくみがひどくなると、冷えや痛みに繋がります。

そこで、指先〜手の甲やひら〜手首〜前腕〜肘にあるリンパ節に向かって、刺激を加えてリンパを流してあげることが大切になります。 やり方は、クリームやハンドオイルを使って手先から肘に向かって滑らすように刺激を加えるのが一般的です。

近藤先生の施術(手のリンパマッサージ)
施術の様子

当店の整体マッサージでも、特にパソコン作業や美容師の方など、手(腕)に負担のかかる職業の方には重点的に行っています。 それによって、手(腕)が細くなり軽くなる、という効果が出ていますので、疲れやむくみが気になる方は一度お試しになられてはいかがでしょうか?

免疫力アップ

デスクワークなどの座位姿勢が続くと足がむくむのは、どこのリンパ節が原因?

こんにちは。アールスプリング理学療法士の近藤です。

緊急事態宣言が延長され、引き続き外出自粛要請のある中、足のむくみやだるさを訴えるお客様が増えてきました。 むくみの原因となっているのは、下肢に溜まった老廃物を含んだリンパです。

むくみの原因は?

リンパがなぜ溜まるのか、といいますと、リンパ液の入っている毛細リンパ管は血管のような弁がなく、筋肉や皮膚の運動によって刺激されて流れます。 そのため、今回のように運動不足になるとリンパが滞りやすくなります。 もう一つの原因があります。 これが本日のタイトルの答えです。

それは…↓

「鼠径部(そけい部)と膝ウラにあるリンパ節」。

リンパ節そけい部と膝裏

ココが詰まっていると足裏〜足首〜ふくらはぎ〜ももの順に流れているリンパの流れを停滞させます。 例えば、デスクワークの姿勢で鼠径部(足の付け根)は常に圧迫され続け、家で正座をすると膝うらが圧迫され続けます。 リンパ管を集めて受け入れているこれらのリンパ節が詰まっていると、足全体に老廃物(ウィルスや疲労物質)が滞り、むくみや冷え、痛みやしびれの原因となります。

どうすればよいのか?

そうならないためにどうするか? ウォーキングなどの適度な運動や、私がオススメしたいのは家でもできる屈伸運動です。 屈伸運動は、足首、膝、股関節を同時に曲げ伸ばしするので、リンパ節を効果的に刺激します。(※ただし、膝などに痛みがある場合はご遠慮ください)。

また、当店の整体マッサージの施術は、単に身体をほぐすだけではありません。 このような関節運動を取り入れてリンパや血液の循環を良くし、免疫力アップに効果的な施術をしておりますので、むくみや冷えなどでお悩みの方にもオススメできます。

近藤先生施術