寒い時期の飲み過ぎ注意
脳卒中

脳卒中とは

アールスプリング、理学療法士の近藤です。

寒さで脳の病気の発生率が高くなることから、前回は「脳血管障害」についてお伝えしました。
今回は脳血管障害の1つである「脳卒中」についてです。

寒い時期の飲み過ぎ注意

脳卒中は脳血管障害と同義語で扱われることがあり、脳の血管が詰まったり破裂することで、突然、神経症状が発現する状態をいいます。

脳卒中には、脳血管の閉塞や狭窄などによる虚血性と、脳血管の破裂による出血性があります。

虚血性は「脳梗塞」と言われ、脳の動脈が血栓などによって詰まり、血行が途絶します。

出血性は脳の細い動脈が破裂し、脳内に出血する「脳出血」と、脳動脈瘤の破裂などでクモ膜下腔に出血する「クモ膜下出血」があります。

脳卒中は、がんなどの悪性新生物や、心筋梗塞などの心疾患に次いで死亡率の高い病気です。

脳卒中の中でも、現代では食生活の欧米化などにより、脳梗塞の危険因子である糖尿病や脂質異常症などが増加しており、脳梗塞の割合が高くなっています。

脳卒中になりやすい人は、高血圧、糖尿病、脂質異常症、心房細動などの基礎疾患があること。
また、喫煙、大量飲酒、肥満、運動不足などの生活習慣があることが危険要因になっています。

こうならないよう、日頃からご自身の体のメンテナンスが大切ですね。

当店では、今月〜2月末まで、このような脳の障害を予防する「脳整体(10分1650円)」を実施しています。

頭と首まわりの血流を改善させる効果がありますので、頭の頭重感や頭痛が気になる方は、ぜひお試しください。

ネット予約が7日先まで申し込み可能です!

ネットで仮予約を下のボタンより承っております。仮予約受付が完了するとメールが自動的に届きます。予約確定次第、内容をメールでお送りいたします。

予約方法はこちらを参照ください。

マクロファージ攻撃
免疫力について

そもそも免疫とは何ぞや?

こんにちは。アールスプリング、理学療法士の近藤です。

前回の免疫力向上ストレッチのブログで、東京都の感染者数が1000人を超えたことをお伝えしましたが、あっという間に2000人越えになってしまいました。
感染力の強い新型コロナウィルス。
現在では陽性になっても入院できず、自宅療養が増えており、もう医療崩壊がおきている状態です。
自分だけでなく、家族などまわりの人の事を考えて、感染しないようにしなければなりません。

そこで、何度も申しますが…、

ここまできたら「自分の身は自分で守るしかありません‼️」

前回まで「免疫力を上げるストレッチ」シリーズをご紹介していましたが、今回からは「免疫」についておさらいしたいと思います。

そもそも免疫とは、「一度ある病気にかかってしまうと、二度とかからなかったり、かかっても症状が軽く済むこと」をいいます。
便利なシステムが人間には備わってますよね。

ウィルス登場

ウィルスなどの異物が体内に入ってしまった時に、まず、血液の白血球に含まれるマクロファージ(別名、大食細胞)がウィルスなどの異物をよそ者(敵)であると判断し、相手を選ばず取り込んで消化(攻撃)します。


これを非特異的防御機構、といいます。

T細胞準備

さらにマクロファージは消化(攻撃)するだけでなく、T細胞というリンパ球に抗原(ウィルスなどの異物)がどういうものかを伝えます。

その後、特異的防御機構としてある特定の病原体を記憶して攻撃する液性免疫と細胞性免疫が作られますが、これは次回にのブログで詳しくお伝えします。

このような体内の防御機構を働かせるには、血液やリンパなどの循環が良い方が効果的です。

当店では引き続き、新型コロナウィルスに対抗する免疫力アップの施術を行っております。

疲労や痛みを緩和し、全身の循環を良くしていますので、この機会にぜひお試しください。

ネット予約が7日先まで申し込み可能です!

ネットで仮予約を下のボタンより承っております。仮予約受付が完了するとメールが自動的に届きます。予約確定次第、内容をメールでお送りいたします。

予約方法はこちらを参照ください。

今年もお役に立てる健康情報をお届けします!
脳障害

脳血管障害とは?

あけまして、おめでとうございます。
アールスプリング、理学療法士の近藤です。

新型コロナウィルスに振り回された年末年始でしたが、皆さんはいかがお過ごしだったでしょうか?
緊急事態宣言も発令され、不自由な生活環境が継続しますが、気持ちだけは前向きにして毎日過ごしたいと思います。

テーマは牛ではなく
「脳の障害について」です。

今月から「脳」についてブログをあげたいと思います。
その理由は、新型コロナウィルスの影に隠れていますが、冬の寒い時期には脳血管障害(脳梗塞、脳出血)が多いからです。

今回はこの第一回目として、「脳血管障害とは?」についてお伝えします。
脳は言わずと知れた体の司令塔!
全身の臓器の中でも、エネルギー代謝が最も活発な臓器です。
よって、脳だけで酸素消費量は全身の約20%、エネルギー産生の気質となるグルコース消費量は全身の25%を占めています。
脳の重量は全身の約2%しかないのに、毎日どれだけ活発に機能しているかが分かりますよね。

脳に酸素やグルコースを供給しているのは血液です。
脳の血流量は心拍出量の約15%も占めることから、脳の一部が詰まったり出血すると、脳組織は一過性または持続的に脳のニューロン(神経)に病理学的な変化が起こり、障害された状態になります。
この状態を、「脳血管障害」といいます。

こうならないためには、日頃から体に負担をかけない生活設計、バランスの良い食事、などが必要になりますが、これは今後のブログで載せていきます。

当店では、今月〜2月末まで、このような脳の障害を予防する「脳整体(10分1650円)」を実施しています。

頭と首まわりの血流を改善させる効果がありますので、頭の頭重感や頭痛が気になる方は、ぜひお試しください。

ネット予約が7日先まで申し込み可能です!

ネットで仮予約を下のボタンより承っております。仮予約受付が完了するとメールが自動的に届きます。予約確定次第、内容をメールでお送りいたします。

予約方法はこちらを参照ください。

膝窩リンパストレッチ
免疫力について

足の冷え、むくみに効果的なストレッチとは?

こんにちは。アールスプリング、理学療法士の近藤です。

東京都の新型コロナウィルス感染者数が、1000人まで手の届くところに来てしまいました…。
医療崩壊が現実的になっている今、これ以上感染してはいけない状況です!

そこで、何度も申しますが…、ここまできたら「自分の身は自分で守るしかありません‼️」

という訳で、今回も全身の循環を良くし、免疫力を上げるストレッチの1つとして「膝窩リンパストレッチ」をご紹介します。

膝窩リンパ節は読んで字のごとく、膝裏にあるリンパ節です。

足先〜ふくらはぎのリンパが流れ込む場所で、ココが滞ると足の冷えやむくみを生じます。

また、長時間の座位姿勢で腓腹筋などがこわばり、腰痛にも関係する部分です。

膝窩リンパストレッチ
膝窩リンパストレッチ

ここをストレッチするには、立位でかかとを後ろに下げるストレッチが効果的です。

画像のように伸ばしたい方の足を後方にまっすぐ伸ばし、かかとを床に押し付けます。

この際、反対側の足を前に踏み出します。

これを片側10秒間、左右交互に繰り返し行ってください。

腓腹筋が伸ばされ、腰痛緩和の効果もあります。

注意点としては、より効果を出すために、
かかとがうかさないこと、
足先をまっすぐ前に向けること、
膝をまっすぐ伸ばすことです。

当店では引き続き、新型コロナウィルスに対抗する免疫力アップの施術を行っております。

この機会にぜひお試しください。

ネット予約が7日先まで申し込み可能です!

ネットで仮予約を下のボタンより承っております。仮予約受付が完了するとメールが自動的に届きます。予約確定次第、内容をメールでお送りいたします。

予約方法はこちらを参照ください。

板状筋のストレッチ
肩こり

肩こりに効果的なストレッチとは?⑦

こんにちは。アールスプリング、理学療法士の近藤です。

朝晩中心に厳しい寒さになり、日頃のデスクワークや家事による首肩まわりの筋肉疲労に加え、寒さによるこわばりと痛みを訴えるお客様が増えています。

そこで今回は、頭の重さをダイレクトに支えている首の筋肉、「板状筋(ばんじょうきん)」のストレッチをお伝えします。

この筋肉は頸椎、胸椎(上部)から後頭骨の外側部(側頭骨の乳様突起)につながっている筋肉です。

主に上を向いたり、頭を横に倒したり左右に回す時使う筋肉です。

家事やデスクワークなどで、頭が前下方に向いている時に、前に倒れないように常にこの筋肉は緊張している状態にあります。

ここをストレッチするには、椅子に座って背筋を伸ばし、頭の後ろで手を組んで首を前に倒します。この時に肩の力を抜き、肘を張らずリラックスして行います。

板状筋のストレッチ
板状筋のストレッチ

これを息を吐きながら7秒間、繰り返し行いましょう。

背中が曲がりすぎると首が曲がらないので、背筋を伸ばして行なうことが注意点です。

頭の重さは5〜6キロと言われています。
日常生活でどうしても疲労が蓄積する場所なので、毎日こまめに行なうことをお勧めします!

当店では引き続き肩こりに効果的なメニュー「肩整体(10分1650円)」を実施しております。

セルフケアではほぐれにくい肩まわりのこわばりを、他動的ストレッチで効果的にほぐすので、肩こりが気になる方にはお勧めです。

ネット予約が7日先まで申し込み可能です!

ネットで仮予約を下のボタンより承っております。仮予約受付が完了するとメールが自動的に届きます。予約確定次第、内容をメールでお送りいたします。

予約方法はこちらを参照ください。

腸腰筋のストレッチ
免疫力について

下半身の冷えやむくみに効果的なストレッチとは?

こんにちは。アールスプリング、理学療法士の近藤です。

寒い日が続いていますが、風邪などひいていませんか?
私はマスクをしてるせいか、風邪の気配なく好調です!
先月から飲み始めた、漢方のおかげもあるかもしれませんが…😅

新型コロナウィルス感染者数がとうとう800人を超えました。今後ますます増えてしまうのか、心配ですね…。

何度も申しますが、ここまできたら「自分の身は自分で守るしかありません‼️」

という訳で、今回も全身の循環を良くし、免疫力を上げるストレッチの1つとして「鼠径部リンパストレッチ」をご紹介します。

鼠径部リンパ節は下肢から上がってくるリンパを受け入れる場所で、ココが滞っていると下半身のむくみやだるさ、冷えの原因になります。

これから寒くなると、特にデスクワークの方はより一層むくみやすくなりますね…。

ストレッチは画像のように、足を前後に開いて腰を落とします。

腸腰筋のストレッチ

上半身を床から垂直にまっすぐ立て、伸ばしたいほうの股関節を前に押し出します。

この時、腰が反らないように注意しましょう。

これを片側10秒間、左右交互に繰り返し行ってください。

腸腰筋が伸ばされ、腰痛緩和の効果もあります。

当店では引き続き、新型コロナウィルスに対抗する免疫力アップの施術を行っております。

この機会にぜひお試しください。

ネット予約が7日先まで申し込み可能です!

ネットで仮予約を下のボタンより承っております。仮予約受付が完了するとメールが自動的に届きます。予約確定次第、内容をメールでお送りいたします。

予約方法はこちらを参照ください。

肩こりに効くストレッチ
肩こり

肩こりに効果的なストレッチとは?⑥

こんにちは。アールスプリング、理学療法士の近藤です。

昨日からこの冬一番の寒さが続いています。これから本格的な冬に向かうと、さらに肩コリを感じやすくなりますね。

そこで今回は、肩こりの原因となる腕の筋肉「上腕三頭筋(じょうわんさんとうきん)」のストレッチをご紹介します。

この筋肉は上腕の後面にあり、肩関節と肘関節をまたぐ二関節筋です。

よって主な働きは、肩関節の固定や肘関節の伸展です。

日常生活では手で重いカバンや買い物袋を持ったり、ドアを前に押し開けたり、腕立て伏せなどで使われます。

ベビーカーや台車を押す時なんかもそうですね。

ココを伸ばすには、手で伸ばしたいほうの肘を持ち、頭の後ろのほうに引っ張ります(画像参照)。

上体が曲がってしまうと、肘がきちんと引っ張られないので注意しましょう。

これを片側7秒間、左右交互に息を吐きながら繰り返し行ってみてください。

腕は毎日気がつかないうちに疲労が溜まっているので、こまめにストレッチされることをお勧めします。

当店では引き続き肩こりに効果的なメニュー「肩整体(10分1650円)」を実施しております。

セルフケアではほぐれにくい肩まわりのこわばりを、他動的ストレッチで効果的にほぐすので、肩こりが気になる方にはお勧めです。

ネット予約が7日先まで申し込み可能です!

ネットで仮予約を下のボタンより承っております。仮予約受付が完了するとメールが自動的に届きます。予約確定次第、内容をメールでお送りいたします。

予約方法はこちらを参照ください。

免疫力アップのストレッチ
免疫力について

全身のリンパが注ぐ鎖骨下静脈に効果的なストレッチとは?

こんにちは。アールスプリング、理学療法士の近藤です。

今日は12月にしては割と暖かい一日でした。
吉祥寺駅周辺はすごい人出だったようです。
しかしながら新型コロナウィルス感染者数は増加しており、とうとう一日の感染者数が600名を超えました。

何度も申しますが、ここまできたら「自分の身は自分で守るしかありません‼️」

そこで今回も新型コロナウィルスに対抗するリンパ節のストレッチ、全身からのリンパを受け入れる「鎖骨下静脈」へのストレッチをご紹介します。

ストレッチは、立位で壁などに肘をついて体幹を反対方向に回します。

これを片側7秒間、左右交互に繰り返し行ってみてください。

その際、鎖骨付近が伸びてる感覚を実感してください(画像参照)。

リンパの改善だけでなく、胸郭が広がり呼吸がしやすくなります。

当店では引き続き、新型コロナウィルスに対抗する免疫力アップの施術を行っております。

この機会にぜひお試しください。

ネット予約が7日先まで申し込み可能です!

ネットで仮予約を下のボタンより承っております。仮予約受付が完了するとメールが自動的に届きます。予約確定次第、内容をメールでお送りいたします。

予約方法はこちらを参照ください。

肩こりに効くストレッチ
肩こり

肩こりに効果的なストレッチとは?⑤

こんにちは。アールスプリング、理学療法士の近藤です。

12月も中旬に入り、これから年末に向けて慌ただしくなる方が多いと思います。
日ごろから使う機会の多い腕に、より負担のかかることが予想されます。

そこで今回は、肩から少し離れてはいますが肩こりの原因となる腕の筋肉「腕橈骨筋(わんとうこつきん)」のストレッチをご紹介します。

この筋肉は肘の上から手首の親指側についており、主に肘関節の屈曲や前腕の回内、回外に作用します。

日常生活では肘を曲げて前腕に買い物袋等をかけたり、パソコンのマウスを使う姿勢、美容師がハサミを使ったり髪を洗うときに頭を支えたりするような時などに使われています。

ココを伸ばすには手を伸ばし、手首を捻るストレッチが効果的です(画像参照)。

肩こりに効くストレッチ
肩こりに効くストレッチ

伸ばすほうの腕の指先を上に向けて、手首を背屈させながら前方に伸ばし、もう片方の手で手指つかみます。

掴まれた手のひらを、外側に向けるように捻り上げます。

これを片側7秒間、左右交互に繰り返し行ってみてください。

特に利き腕はこわばりが強いので、重点的になさってください。

当店では引き続き肩こりに効果的なメニュー「肩整体(10分1650円)」を実施しております。

セルフケアではほぐれにくい肩まわりのこわばりを、他動的ストレッチで効果的にほぐすので、肩こりが気になる方にはお勧めです。

ネット予約が7日先まで申し込み可能です!

ネットで仮予約を下のボタンより承っております。仮予約受付が完了するとメールが自動的に届きます。予約確定次第、内容をメールでお送りいたします。

予約方法はこちらを参照ください。

頸部リンパ節のストレッチ
免疫力について

頸部リンパ節に効果的なストレッチとは?

こんにちは。アールスプリング、理学療法士の近藤です。

今朝から冬晴れで人通りも多く、近所の公園も家族連れで賑わっていました。
新型コロナウィルス感染者数増加の影響で、近場で遊ぶ人が増えているのかもしれません。

そして、何度も申しますが、やはり、「自分の身は自分で守るしかありません‼️」

そこで今回は新型コロナウィルスに対抗するリンパ節のストレッチ、「頸部リンパ節」のストレッチをご紹介します。

頸部は耳下腺や顎下腺の各リンパ節から送られてくるリンパが集まるところで、ここが滞っているとその先の静脈に行き渡りにくくなります。

ストレッチは、立位または座位で、顔を少し上に向け、伸ばしたい方の顔の横に手をかけ、横に引っ張ります。

この時、伸ばしたい方の肩が上がらないよう、手を後ろに回すといいですね(画像参照)。

頸部リンパ節のストレッチ

これを片側7秒間、左右交互に気持ち良い程度に繰り返し行ってください。

リンパの改善だけでなく、常に頭の重みで負担のかかっている首まわりが楽になります、

当店では引き続き、新型コロナウィルスに対抗する免疫力アップの施術を行っております。

この機会にぜひお試しください。

ネット予約が7日先まで申し込み可能です!

ネットで仮予約を下のボタンより承っております。仮予約受付が完了するとメールが自動的に届きます。予約確定次第、内容をメールでお送りいたします。

予約方法はこちらを参照ください。