子どもの授業参観... 腰がつらいくありませんか?
疲労と痛み

理想的な立ち姿勢をチェック!

こんにちは。アールスプリング、理学療法士の近藤です。

お客様から悩みの多い腰痛。

前回までは腰痛になりやすい座位での不良姿勢をお伝えしました。
今回からは立位です。

よく、お子さんの授業参観で教室の後ろで立っていたら、次第に腰が痛くなりしゃがみたくなる、というお母さんのお話を耳にします。
自分としては普通に立っているのに、どうして痛みが出るのか?
本人の気がつかないうちに、腰に負担のかかる姿勢で立ってるわけですよね…。

そこで今回は、痛みの出にくい理想的な立ち姿勢のチェックをします。

身体を横から見て正しい姿勢は、上から耳垂(耳たぶ)、肩峰、大転子、膝関節前部、外果の2〜3センチ前部を重心線が一直線に通ります。

この姿勢を維持できている人は、どれぐらいいるのでしょうか…?

このブログを読まれた方は、ご自身の体を鏡に映して早速チェックしてみてください。

次回からは立位の不良姿勢についてお伝えします。

ネット予約が7日先まで申し込み可能です!

ネットで仮予約を下のボタンより承っております。仮予約受付が完了するとメールが自動的に届きます。予約確定次第、内容をメールでお送りいたします。

予約方法はこちらを参照ください。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中