熱中症?
熱中症

熱中症の応急処置の手順とは?

こんにちは。アールスプリング理学療法士の近藤です。

容赦ない暑さが続き、命の危険にさらされています。
毎日のように、熱中症で救急車で運ばれている人をよく見かけますよね。

という訳で、今回のブログでは熱中症の応急処置の手順についてお伝えします。

①まず熱中症を疑う症状があるか?
めまい、筋肉の硬直、大量の発汗、頭痛、吐き気、虚脱感、痙攣、高体温などの症状です。

②次に意識があるか?
意識がない場合は、迷わず救急車を呼びましょう!
涼しい場所へ移し、衣服をゆるめ、体を冷やします。
(注)どこを冷やせばいいの?
左右の首、左右の腋窩(脇の下)、左右の太ももの付け根。

③水分を摂取できるかどうか?
このときの水分とは、水だけでなく、塩分の入ったスポーツドリンクや経口補水液が良いです。

④症状が良くなってもしばらくそのまま安静にして、回復したら動かします。
症状が良くない場合は、医療機関へ付き添って、状態を伝えます。

熱中症?

今年も殺人的な暑さが毎日続いています。
コロナと同じで、いつ、どこで、誰がかかるかわからない熱中症!

当店では、熱中症予防にも効果的な「脳整体(10分1650円)」を実施しています。
急激な暑さで、無意識のうちに疲労している脳を回復させる効果があります。
気になる方はぜひお試しください。

ネット予約が7日先まで申し込み可能です!

ネットで仮予約を下のボタンより承っております。仮予約受付が完了するとメールが自動的に届きます。予約確定次第、内容をメールでお送りいたします。

予約方法はこちらを参照ください。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中