脂肪を燃焼させて、体温を上昇中

体温調節の目的とは?

こんにちは。アールスプリング理学療法士の近藤です。

梅雨が長引き、東京では蝉の鳴き声がほとんど聞こえませんが、大阪では初夏の到来を感じるほど、うるさく鳴いています。

間近に迫っている梅雨明け。

それに伴う熱中症対策として、前回のブログでは、視床下部がどのように体温調節を行っているか、についてお伝えしました。

今回は体温調節の目的と体温のリズムについてお伝えします。

ヒトは、食事をすることによって体温を維持しています。
代謝で生じる熱量は、脂肪が1gあたり9kcal、糖質とタンパク質が1gあたり4kcalとなっています。熱量の6割は、体温維持のために使われています。

このように、食物をエネルギーに変えて生命活動に必要な代謝が行われており、この代謝は体内にある酵素が触媒(代謝を促進させるもの)となっています。

体温を維持するのは、この酵素の働きを良くするためです。

酵素が触媒として反応する速度を、酵素活性といいますが、活性(働き)が最も大きいのは至適温度(36〜37℃)なので、ヒトはこの体温を維持するように視床下部が調整しています。

また、1日のサイクルには体温リズムがあり、最も体温が低いのは明け方(目が覚める直前)で、逆に体温が上がるのは夕方です。

体温が上昇していくと徐々に体が目覚め、逆に体温が低下していくと眠気を感じる、というように体温は生活のリズムと関係しています。

脂肪を燃焼させて、体温を上昇中

次回は発熱の仕組みと超低体温療法についてお伝えします。

当店では、今月体温調節と関係のある視床下部を含めた脳の疲労に対し、「脳整体(10分1650円)」を実施しています。

脳の疲労は身体の疲労!

体調を崩される前のメンテナンスぬおススメです。

ネット予約が7日先まで申し込み可能です!

ネットで仮予約を下のボタンより承っております。仮予約受付が完了するとメールが自動的に届きます。こちらからお客様へお電話をさせていただいたき、予約を確定いたします。予約確定次後、内容をメールでお送りいたします。

予約方法はこちらを参照ください。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中