脳疲労の緩和方法とは?

こんにちは。アールスプリング理学療法士の近藤です。

梅雨に入り、湿度と気温の上昇で体に負担がかかるようになりました。日常生活でのストレスも感じやすい時期なので、ストレスによる疲労が慢性化する前のメンテナンスをお勧めします。

脳疲労は強いストレスが続くと脳内に活性酸素が発生し、脳が酸化ストレスにさらされて本来の働きができなくなる状態です。
脳疲労を癒す最も大事な習慣は睡眠。睡眠のほかに適度な運動や休息、ゆっくり入浴という方法もあります。

睡眠といっても、仰向けで寝るのと横向きで寝るのとでは違いがあるようです。

仰向けで寝る

疲労が溜まっているときに仰向けで寝ると、気道を圧迫していびきをかきやすくなります。

仰向けで寝るの×

いびきやいびきによる無呼吸によって、睡眠中の脳への酸素供給量不足し、脳疲労の蓄積の原因になると言われています。

横向きに寝る

その点、横向きに寝ると気道が確保されるのでいびきをかきにくくなります。

横向きに寝るのは◯

この機会に寝方も工夫されてはいかがでしょうか?(もっとも仰向けで寝るのが辛い時は、体の無意識の防衛本能で横向きに寝ていることが多いですが…😅)。

当店では今月末まで胸郭を広げて気道を広げる「背中整体」を期間限定で実施しています。

免疫力アップにも効果があるので、脳疲労や免疫力に不安を感じられる方はお試しください。

※来月7月1日からは「脳整体(期間限定商品)」を実施します。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中